Twitterはこちら

アニメ『盾の勇者の成り上がり』は仕事をしたくない人に見てもらいたい

この記事は約4分で読めます。

ãç¾ã®åèã®æãä¸ãããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

最近、家事の合間にアニメを見ているのですが、『盾の勇者の成り上がり』というアニメにハマっています。

 

ざっくりとストーリーをお伝えすると、主人公の青年が異世界に飛ばされ、勇者の役目を担わされます。

 

その世界では、主人公以外にも3人(計4人)の勇者がそれぞれ別の世界から飛ばされてきており、4人はそれぞれ種類の異なる「武器」を与えられます。

 

「武器」とは、剣、槍、弓、それとです。

 

 

「盾って武器じゃねーよな!?」と思ったそこのあなた。

当たってます。

 

何故か主人公だけ「盾」という武器?を授けられます。

 

盾なので敵を倒すことはできません。

盾で敵を殴っても、大したダメージを与えられません。

 

それなので、「盾の勇者」は、飛ばされた異世界でもゴミみたいな扱いを受けます。

 

 

例えば、(ネタバレですが)、異世界に飛ばされた先では、パーティを組むことになります。

パーティを組むというのは、一緒に冒険する仲間を探すということです。

 

ドラクエをやったことがある人ならわかると思いますが、冒険は勇者だけでするものではありません。

 

剣士、武闘家、僧侶、魔法使い、…などなどお互いの長所と短所を補完し合いながら行うものが冒険です。

 

パーティが全て剣士だったら、誰かがダメージを負った時に回復できなくなり、死んでしまいます。

 

逆にパーティが僧侶だけだったら、冒険は上手くいくでしょうか?

 

剣士だけのパーティと違って、死ぬことはないかもしれません。

ですが、相手にダメージを与えにくく、いつまで経っても敵を倒すことができません。

 

 

しかし、これらの悩みはパーティに人がいてこその悩みであり、人のいないパーティはそれ以前の問題なのです。

 

盾の勇者は攻撃ができない=敵を倒せない という認知を異世界でもされているがゆえに、盾の勇者のもとには人が集まりません。

 

ここで盾の勇者は絶望するわけです。

 

特に要望したわけでもないのに異世界に飛ばされた挙句、一番役に立たない「盾」という武器を授かり、更にはそこにいる人々の嘲笑の的にされます。

 

 

 

 

 

 

しかし、その中から一人、盾の勇者についてきてくれる女性が現れるのです!

 

f:id:Re_hirose:20190317132453p:plain

 

 

が、翌朝この女性に防具やら手持ちのお金を全てだまし取られ、「性犯罪者」の濡れ衣を着せられることになります。

 

ãç¾ã®åèã®æãä¸ãããã¢ãã¡ã1話ãé¨ããããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

武器として一番殺傷能力の低い「盾」を与えられ、かつ性犯罪者としての濡れ衣を着せられた主人公が、機転を利かせて異世界を冒険していくストーリーが「成り上がり」と言われる所以です。

 

 

主人公というと、物語の中に登場する人物の中で最強で、特別な才能を与えられていて、その持ち前の力をもって世界を救うものですよね。

 

例えば、ONE PIECEもそうでしょう。

 

主人公がゴムゴムの実を食べたゴム人間という所からスタートするわけです。

 

BLEACHも主人公の黒崎一護が幽霊が見えるとう特異な能力があってこその主人公です。

 

 

というのが王道の漫画やアニメの世界での話ですが、「盾」なんですよね。

 

攻撃できないんです。

 

敵を倒せないです。

 

そんな主人公って、かつていたでしょうか。

 

 

そんな超絶雑魚な勇者が頭を絞って成り上がっていくというストーリーは見ていて非常に心を揺さぶられます。

 

 

そんな、望んでもいないのに異世界に飛ばされ、飛ばされた先で様々な迫害を受け、それでも懸命に冒険を続ける主人公を見ていて思うことがあります。

 

 


 

 

 

 

与えられた仕事を全うすることの意味について

今は「やりたくない仕事」をやっているわけではないのですが、やりたくない仕事をやっていた時期にこのアニメと出会いたかったな、と思いました。

 

ぼくは新卒で大企業に入り、大企業に入ったがゆえに希望しない部署、希望しない勤務地で働くことになってしまいました。

 

そこではモチベーションが低く、なんのために働いているかも分からなかったし、与えられた仕事を全うするのではなく、自分のやりたい仕事に就きたいとずっと考えていました。

 

 

ですが、「盾の勇者」を見ていると、「俺も頑張らなきゃな」と自然と思えます。

 

盾の勇者は、望んで異世界に行ったわけでもないし、望んで盾を持ったわけでもないけれど、異世界を精一杯生き、自分が元いた世界に帰ろうと努力しています。

 

そんな姿を見て、「ああ、俺も文句ばかり言わずに仕事を頑張ればよかったな」と思った次第です。

 

ただし、前職ではいくら結果を出そうと自分のやりたい仕事に就けるわけでもなく、働きたい勤務地を選べるわけでもないので、やめて良かったんですけどね。笑

 

 

とはいえ、自分の宿命と真摯に向き合い、異世界でたくましく生きている勇者を見ていたら、自分の小さな悩みなんて吹き飛ぶレベルです。

 

だって、異世界に飛ばされて、「盾の勇者」と迫害されて、いきなり二日目で性犯罪者のレッテルを貼られるわけですよ。

 

心折れてさっさと自害してもおかしくない状況です。

 

 

それでも、「盾の勇者」ならでのはの努力というか、戦術で、敵を倒してレベルアップしていく姿は本当に素敵です。

 

Amazon Prime会員なら、無料で観られるので是非見てみてください!

 


 

タイトルとURLをコピーしました