Twitterのフォローお願いします!

時間がない一人暮らしの社会人男性にこそ、乾燥機能付きドラム式洗濯機を買ってほしい(NA-VG730L)のレビュー

 

f:id:Re_hirose:20191104195452j:plain

7年使った洗濯機

 2019年の9月(増税前)に洗濯機を買い替えました。

洗濯機を7年も使っていると、いくら洗濯しても生乾き臭がひどいタオルばかりで、洗濯するのが嫌になったからです。

f:id:Re_hirose:20191104195529j:plain

洗濯槽のカビが気になる

今回の記事では1ヶ月ほど乾燥機能付きドラム式洗濯機を使ってみたの感想やレビューなどを書いていきたいと思います。

最初にお伝えしたいのが、この記事を書くに当たって金銭のやり取りはないということです。

したがって、実際に乾燥機能付きドラム式洗濯機を使ってみて、思ったままのことを書くことができます。

結論から言うと、乾燥機能付きドラム式洗濯機は買ってよかったです。

  • 今まで一時間かかっていた洗濯が、半分の30分でできるようになった
  • 洗濯時のしわくちゃ具合がだいぶ緩和されるようになった
  • シーツやタオルなど、乾燥ボタンを押すだけで簡単に乾かせる

以上の3点が買ってよかったと感じる理由です。

 

 

乾燥機能付きドラム式洗濯機の値段

f:id:Re_hirose:20191104195619j:plain

これが乾燥機能月ドラム式洗濯機!

約17万円でした。

乾燥機能が付いていないドラム式洗濯機は半額以下の値段で買えたのですが、今回は乾燥機能にこだわったため、17万円もする洗濯機を購入することになりました。

※バツイチなので一人暮らしです。

前回の洗濯機が確か7万円程度だったので、大分奮発しちゃいました。

前回買い替えした理由は、洗濯機が壊れたからでしたが、7年経っていると思うとよく頑張ってくれたなと思います…。

 

 

 

乾燥機能付きドラム式洗濯機のある生活

洗濯の時短が可能になる

今まで使っていた洗濯機は、どの洗濯物を入れても基本的に一時間くらいの時間で洗濯が完了していました。
しかし、乾燥機能付きドラム式洗濯機は、入れる洗濯物の量によって時間を調整してくれるので、洗濯しきれていなかったり、乾燥しきれていなかったりということがなくなりました。

兎にも角にも、今まで1時間かかっていた洗濯が30分になるというのは、かなりの時短です。
シャツや下着などは乾燥機能を使わず、外で干して乾燥させているのですが、1週間に2~3回は洗濯をします。
つまり、年間では52週間×2.5日の130日は洗濯をするわけですが、130時間かかっていた洗濯が65時間に減ることになります。

「乾燥機能がつくだけ」と考えていたのですが、洗濯の時間が短くなるというメリットもありました。

洗濯機を定期的に買い替えることで、生活における余計なことに割く時間が減らせますね。

 

タオルやシーツの乾燥ができるから、生乾き臭がなくなる

f:id:Re_hirose:20191104195727j:plain

乾燥したてのフッカフカのタオル

乾燥機能付きドラム式洗濯機を買って一番良かった!と感じるのが、生乾き臭がなくなることです。
以前は洗濯機が古かったこともあると思いますが、洗濯してもタオルやシーツの生乾き臭がとれず、臭いを我慢してタオルやシーツを使っていました。

「洗濯しても臭いがとれないのは仕方がない」と諦めていたのですが、乾燥機能付きドラム式洗濯機を買ったら生乾き臭がなくなりました!

タオルは一度しか使わないようにしているので、1日2枚のバスタオルを使う計算になるのですが、3日分まとめて洗っても生乾き臭がせず、きちんと乾燥ができるため、本当に買って良かった!と思っています。

雨の日だろうが、太陽が出てなかろうが、乾燥機能付きドラム式洗濯機さえあれば天候関係なしに洗濯が可能です。

一人暮らしのサラリーマンにとっては、家事は非常に面倒くさいものだと思います。

ぼくも毎日洗濯するのはすごく面倒でしたし、今でも面倒だと感じています。

しかし、乾燥機能付きドラム式洗濯機があるおかげで、洗濯・乾燥は楽になりました。

特にタオルやシーツって干す場所も取るし、干し方によってはきちんと乾かず、また乾燥させ直し!となることも多かったのですが、乾燥機能付きドラム式洗濯機はきちんと乾かしてくれるので、洗濯におけるペインポイントをきちんと消してくれる商品だなあと感じました。

今まで買ってなかったことが悔やまれるくらい、生活の質を向上させてくれます。

 

クリーニングに出さなくても面白いくらい黄ばみが落ちる

そろそろ寒くなってきたし、冬服でも着るか〜と思って衣類ダンスを開けたところ、お気に入りのニットがめちゃくちゃ黄ばんでいて物凄いショックを受けました。

黄ばんだニット

洗濯前のニットです。

このニット、北海道から東京に来た時に新宿のルミネで買った服で、なんとなく思い入れがあったんですよね。

 

「つけおき」モードを試してみると、なんとディスプレイに表示されたのは7時間。
おいおい、どんだけ本格的なんだこの洗濯機は…と思いつつ、期待しながら7時間待ってみると…

つけおきでかかる時間

つけおきで洗濯した際にかかった時間です。

黄ばみがしっかり落ちていました!!

つけおき後のニットです。

つけおき後のニットです。

 

 

 

 

実際どの程度の洗濯と乾燥ができるの? 

思い切って入れすぎたら、乾燥が仕切れませんでした(笑)

洗濯した物

  • バスタオル4枚
  • 下着 上 3枚
  • ハンカチ 3枚
  • フェイスタオル 1枚
  • ジャージ上下 1セット
  • ジーパン
  • パジャマ上下 2セット
  • パンツ2枚

乾燥しきれなかった物

  • ハンカチ
  • パジャマ上
  • ジーパン

ハンカチが丸まって乾かなかったり、パジャマの上だけなぜか乾かなかったり、ジーパンが乾かなかったりと、欲張りすぎてしまいました。

ジャージ上下くらいは抜いたらちょうど良かったんじゃないでしょうか。

 

乾燥機能付きドラム式洗濯機を買う際の注意点

乾燥機能付きドラム式洗濯機を買う時は、サイズに注意して買ってください。
なぜなら、一人暮らし向けではなく、ファミリー向けに作られているからです。

ヒロセはヤマダ電機で という洗濯機を買ったのですが、サイズがかなりギリギリでした。

あと5センチ大きかったら入っていなかったです。

ちなみにヤマダ電機では、万が一洗濯機が入らなかった場合、別の洗濯機と取り換えることが可能でした。

ビックカメラで冷蔵庫を買った時は、「入らなかったら自己責任」と言われたので、ヤマダ電機の対応の良さにびっくりしました。
結局のところ、特に問題なく入ったので、良かったです。

 

後は扉が右開きか?左開きか?も部屋のレイアウトによっては洗濯機のドアが開かなくなる可能性もあるので、注意してから買ってください。

 

 

 

買って良かった乾燥機能付きドラム式洗濯機

17万円という金額の高さから(安い方ですが)、今まで乾燥機能付きドラム式洗濯機には手が届きませんでした。
しかし、実際に買ってみると17万円も払う価値がある!と胸を張って言えることがわかりました。

実際に買って見てガッカリした点はほとんどなく、乾燥機能を使った後に毎回フィルターを掃除するのが少し面倒なくらいです。

f:id:Re_hirose:20191104195759j:plain

乾燥終了後のホコリ

面倒と言っても、ホコリを手でとってゴミ箱に捨てるだけなので、30秒もいりません。

f:id:Re_hirose:20191104195827j:plain

サラッと取れます

他にはデメリットなんてありません。

あとはこの洗濯機が何年もつか?かと思いますが、5年くらいもってくれたら嬉しいです。

5年後には結婚して子どもができて…というライフプランなので、その際には洗濯機より大きいサイズのものに買い換えるんじゃないかな?と思います。

一人暮らしこそ、誰かに家事をしてもらうことができないので、メイドさんを雇う代わりに乾燥機能付きドラム式洗濯機を買うと考えたら、非常に安い買い物ではないでしょうか?

マジで洗濯楽になるから買ってほしい。

 

 

タイトルとURLをコピーしました