Twitterのフォローお願いします!

今からモテたいアラサー男性にやってほしいこと


 

f:id:Re_hirose:20191104162818j:plain

多くの男性にとって、「モテたい」とは「セックスがしたい」ということだと分かりました。

 

www.no-more-inaka.com

 

私も概ね、というか99.9999%以上同意です。

ごく稀に「『モテたい』とは、『女の子側から追い求められるような男になること』だ!」とめちゃくちゃカッコいいことを言う人もいますが、そんなに女性から追い求められたかったら、ジャニーズ事務所にでも入ってアイドルになる他ありません。

誰とは言いませんが、「外見は良くはないけど、ジャニーズってだけで追いかけられてる男性芸能人」っていますよね。

誰か言ってしまうとこのブログがファンの方に燃やされてしまうので、絶対に僕の口からは言えないのですが、いますよね、「ブサイクだけどファンがいるジャニーズの人」って。

 

しかし、僕らは現実を見なければいけません。

中学高校を卒業し、社会人になった僕らは、「誰かから追いかけられる」存在ではありません。

仮にジャニーズにならなかったとしても、Youtuberやお笑い芸人なんて選択肢もあります。

Youtuberに関して言えば、今の女子大生以下の年齢の子であれば、「Youtuberの動画を見る時間」が非常に多く、家に一日女の子を置いておいたら、ひたすら「はじめしゃちょー」の動画を見ているなんてこともありました。

 

Youtuber、アナタはなれますか?

今からチャンネルを新しく開設して、チャンネル登録者数を10万人にして、サラリーマンをやりながら副業的な感じで始めて…

って、めちゃくちゃハードルが高いですよね。

 

じゃあ一方でその他の方法で女の子から追わせるように仕向けられないか?と考えて身みましょう。

君、財布にいくら入ってる?

口座にいくら預金してある?

「あの…普通のサラリーマンなんですけど…」

無理です。

普通のサラリーマンじゃ、女の子を食いつかせることなんて無理です。

Tinderでマッチした可愛い女の子がいるのですが、最近流行のパパ活女子で、1セックスゴムありで4万円(1時間以内)、ゴムなしで5万円と言われました。

どう考えても、1回のセックスに5万円もかけるなんてバカだろうと思ったので、その子とは連絡をとっていません。

地方の子だったので、「東京に来る機会があったら、連絡してね!」と伝えてフェードアウトしました。

 

ここまでで既に900文字以上に渡って女性から追いかけられるような男になる難しさを説いてきたのですが、みなさまご理解いただけたでしょうか?

特に、今私と同じアラサー男性にとって、いきなりジャニーズになることも、お笑い芸人になることも、Youtuberになることも大変難しいことだと思います。

ましてやスティーブ・ジョブズやビルゲイツ級のお金持ちになることもまず無理です。

そんな中で、我々はどのようにして「モテ」を獲得していくべきなのでしょうか?

 


 

 

モテ=試行回数×ヒットレシオ である

恋愛工学を題材にして小説『ぼくは愛を証明しようと思う。』では、モテとは試行回数×ヒットレシオ であると書かれています。

試行回数とは、「何回女性にアタックできるか」という意味で、ヒットレシオとは、「何%の確率で女性を落とせるか」を表します。

なので、例えばLINEの連絡先を見て20人くらいの女性がいて、全員に連絡したら10人とご飯やデートなどのアポが組めたとしましょう。

その場合は試行回数は10になります。

ヒットレシオは、その10人のうち何人とセックスできたかなので、10人中10人とヤレレばヒットレシオは100%、1人だったら10%です。

ヒットレシオに関しては、70%くらいまであげることは可能ですが、100%を目指すのは難易度が高いので、「たまに失敗することもある」くらいの考え方でいることが大事です。

ただし、ヒットレシオが10%程度の場合は女性から「キモがられている」ことは明白なので、あなたの容姿や話し方、話す内容、服装など、改善できるポイントはどんどん改善していくべきでしょう。

試行回数を稼ぐためのコツ

試行回数を稼ぐためには、出会いの数を増やす必要があります。

一番手っ取り早く試行回数を増やすのは「ストリートナンパ」ですが、今までナンパをしたことがない男性が道で知らない異性に声をかけるのは非常にハードルが高いと思います。

ぼくもナンパを始めてから数年が経つので、今では何の抵抗もなく声をかけられるようになりましたが、ナンパを始めた当初は「なんて声をかけていいか分からない」「話を聞いてくれなかったらどうしよう」と思っていました。

ストリートナンパに関しては苦い経験があるからこそ、安易に人に勧められないのです。

それ以外のリアルでの出会いといえば、クラブや相席屋などがありますが、お金がかかるというのが欠点です。

お金さえあれば、クラブのVIPをとったり、相席屋に入り浸ったりすることも可能ですが、「そんな金ねーよ」と言われるのがオチだと思っています。

www.no-more-inaka.com

相席屋の場合は30分1,500円なの、1時間で3,000円もかかります。

一人で通える相席屋の「THE SINGLE」は10分800円なので、1時間で4,800円もかかります。

お金がある男性にとっては余裕で払える金額かもしれませんが、この記事を読んでほしいアラサー男性にとってはちょっと高い金額かなと思います。

そこでオススメしたいのが、マッチングアプリです。

マッチングアプリは4,000円前後で始められるものが多く、相席屋と違って1ヶ月単位での課金なので、費用がめちゃくちゃ安いです。

相席屋に2時間いるのと、マッチングアプリの月額費用が同じかそれ以下なので、マッチングアプリで試行回数を増やすことをオススメします。

マッチングアプリは自腹で5種以上やってみましたが、一番安定した成績を誇るのがwithでした。

逆に一番有名どころのPairsは月額課金に上乗せしてアイテム課金を行わないとあんまりマッチしなく、やってる途中で飽きてやめてしまうことも多かったです。

なので、マッチングアプリに登録して、試行回数を稼ぐというのが、価格的にも安く、心理的なハードルも低いやり方です。

withに登録する

 

www.no-more-inaka.com

 

 


 

 

ヒットレシオを上げるコツ 

ヒットレシオを上げるときに考えなければいけないことは、「どうすれば女性の股と心を開くことができるか?」です。

一般的なセックスまでの導線は、食事に誘う→食事をする→家に誘う→家でセックスに誘うという4STEPです。

単純明快ですね。

この中で一番ハードルが高いのが、「家に誘う」3ステップ目です。

マッチングアプリで知り合った人だと、「初めて会った人の家に行くのはちょっと…」という女の子は多いです。

しかし、セックスに誘うという行為を避けていてはセックスに辿り着くことはありませんし、何の目的で食事をしているのか女性に伝わらなくなってしまうため、「俺はお前を異性として見ている」ということをきちんと伝えるためにも「家に誘ってセックスまでする」必要があります。

ヒロセは一人暮らしなので、ラブホテルではなく家を使ってセックスします。

そのため、一番大事なのは家の近くで食事をするということです。

 

女の子が来やすい場所に部屋を借りよう

ラブホテルを基軸に考えるのであれば、池袋、渋谷、新宿らへんで食事をすることになるでしょう。

鶯谷や錦糸町など、ラブホテルが多いエリアもありますが、「なんで錦糸町なの?なんで鶯谷なの?」と女の子が疑問を抱くこと間違いなしなので、出来る限り「女の子が来たいと思うエリア」に家を借りることが絶対に必要になります。

ヒロセは多い時だと週7日でセックスするので、ラブホテルの利用料を1回あたり10,000円だと考えれば、一ヶ月で300,000万円くらいかかってしまいます。

そのお金があれば、もっといいところに住むことが確実にできるので、「女の子が来やすい駅の近く」に家を借りる必要があります。

ヒロセ調べですが、新宿、渋谷、池袋あたりは女の子も来やすく、かつデートや食事をドタキャンされても女の子の現地調達が可能なエリアです。

「新宿でご飯食べよう」なら自然ですが、「王子でご飯を食べよう」だと「なんで王子?」となりませんか?

そうなると、新宿でご飯を食べて、王子までタクシーで帰ったり、電車で帰ったりしないといけないのですが、女の子は気分の生き物なので、一緒に帰っている途中で「やっぱり家に行くのやめるね!」となる可能性も0ではありません。

食事をする場所と家の距離というのは非常に大事だと覚えておいてください。

 


 

 

見た目を改善しよう

2015年ごろのナンパ界隈や恋愛工学界隈では、見た目よりトークの内容(いわゆるトーク刺し)がもてはやされている時代でした。

夢がありますよね。

「ブサイクでも○○ルーティンを使ったら、難なく落とすことができた!」とか、「顔は全然好みじゃないって言われたけど、俺のトーク力で落とすことができた!」という人が多かった時代がありました。

気持ちはわからないでもないですが、見た目がNGだとそもそも話を聞いてくれることはないので、トークで刺していると思っているだけで、実際はトーク以外の見た目や服装が刺さっているケースがほとんどなんじゃないでしょうか。

一方で、2018年ごろからは見た目改善(スト値改善)を叫ぶナンパ師が増えてきているように感じています。

理由は簡単で、見た目を改善することが、ナンパで結果を出す最短ルートだからです。

ヒロセの観測範囲では、見た目の改善を怠り、街に繰り出し続けているナンパ師は一瞬で消えているようです。

理由は簡単で、結果が出なくてつまらないから。

好きこそ物の上手なれという言葉がありますが、女性に何回声をかけても芳しい反応がなければ、ナンパが苦行になってしまうからです。

 

「じゃあどうやって見た目を改善すればいいの?」と疑問に思うかもしれませんが、一番手っ取り早いのは髪型を改善することです。

こちらの画像をご覧ください。

前髪があるだけで、めちゃくちゃイケメンに見えないでしょうか?

少なくとも、Afterの写真はみんなヒロセよりカッコよく見えますw

上記髪型ができるのが「LIPPS」という美容室です。

ヒロセも何度も通っていますが、今まで通った美容室の中ではダントツにいい美容室です。

 

www.no-more-inaka.com

www.no-more-inaka.com

ただし、美容師さんとの相性もあるので、いろんなLIPPSのお店に行ってみるといいですね。

 

女の子に家に来てもらうために用意してある小道具集

約50インチのテレビ

LG 49V型 液晶 テレビ 49SK8500PJA 4K HDR対応 ドルビービジョン対応 2018年モデル

 

「うちのテレビ、50インチくらいあるから映画とか大迫力なんだよね!」

「この後ソラニン一緒に観よう」

 

一人暮らしなのにデカすぎでしょwwwとなるのがツッコミどころです。

32インチや40インチ程度では大して驚かれないので、50インチほどの大きさだとGoodです。

ちなみに上記テレビはうちにあるモデルと一緒なのですが、Amazon PrimeやNetflix、You Tubeなどが特別な設定なしで観ることができるので、非常に便利です。

 

フェイススチーマー

パナソニック スチーマー ナノケア W温冷エステタイプ ピンク調 EH-SA99-P

パナソニック スチーマー ナノケア W温冷エステタイプ ピンク調 EH-SA99-P

 

パセラ系列のラブホテル、バリアンに置いてあるアレです。

「家にフェイススチーマーあるから、家に来ると肌がきれいになるよ。」とかテキトーなことを言ってフェイスにスチームを当てて貰えばオールオッケー。

ヒロセは毎晩使っていますが、女の子にも使わせてあげましょう。

フェイススチーマーがあるので、実質ヒロセ宅はバリアンです。 

 

フェイスパック

今はメディヒールというブランドのフェイスパックを愛用しています。

jp.iherb.com

「うちにメディヒールのパックあるから」といえば、「女子力高い!」と思ってもらえるので、警戒されにくくなります。

なお、実際にメディヒールのパックを使ったことはありません。

家に置いて自分で使ってます(笑)。

 

ヘアアイロン

ヒロセが調べた中で最も高価なヘアアイロンが、ヘアビューロン 4D Plusです。

知ってる人は知っているヘアアイロンですが、なぜメンズが持っているのでしょう?

それは、女の子に「うちのアイロンヘアビューロンだ��ら、試してみない?」と言うためです。

化粧道具を持ち歩いている女の子はいても、ヘアアイロンは重たくて持ち歩かない女の子が多いです。

なので、お泊まりの翌日の髪の毛のセットが〜という断り文句をつぶすための、ヘアビューロンです。

 


 

 

その他、あらかじめ買っておくと女の子を連れ込むのに便利なアイテム

 使い捨て歯ブラシ

 

使い捨てコンタクトレンズ洗浄液 ケース

サクラ プチケア 20個セット

サクラ プチケア 20個セット

 

 

 メイク落とし

 

ヘアオイル

ミルボン ディーセス エルジューダMO 120ml

ミルボン ディーセス エルジューダMO 120ml

 

 

「家に行こう!」と家に誘導すると、「でも〜」と必ず言われます。

そこで率先して、「うちフェイススチーマーあるから大丈夫!」「でも〜」「歯ブラシもあるから大丈夫!!」「でも〜〜〜」「化粧落としもあるから大丈夫!!!」と先回りして女の子の言い訳をつぶしてあげると家に連れ込みやすくなります。

家に連れ込んだ後は映画でも見ながら、「近くで見ると○○って可愛いよね。」「そんなことないよ〜」「そう?あ、照明暗いからだよねwクラブマジックとか言うしw」「え、ひど〜い!」「嘘だよそんなことないもん、キスしたいし」って言ってキスすれば大体なんとかなります。

恋愛は楽しいですし、セックスできた方が楽しいです。

「本当に好きだったらセックスなんてしない!必要ない!!」と嘯く自称恋愛マスターの方々は多くいらっしゃいますが、自分がセックスしてあげないと他の人とセックスするだけなんで、きちんとセックスしてあげる必要あると思っています。

 

ここまであの手この手を実践しても、ダメな時もあります。

そんな時は違う人を探しにいきましょう。

また、トライ&エラーです。

ぼくもトライしてエラーしてエラーしてもめげずに別の女の子にトライをし続けてきたからこそ今があります。

幸いなことに、マッチングアプリをやる女性が減っているわけでもありません。
逆に競合の男性プレイヤーたちは二次元やVR、自分の趣味などに籠もって女の子を口説くと言うことを怠る人たちが増えてきているため、参加し続けてさえいればいずれは勝てるのが恋愛というゲームなのです。

 

一緒に頑張りましょう!!


 

タイトルとURLをコピーしました