Twitterはこちら

LIPPS Ray GINZAでカットとパーマをしてもらった

この記事は約9分で読めます。

lippsRay GINZA店の写真

これまでの髪のカットの仕方と言えば、いやしくもホットペッパーで新規の美容院を探し、新規の美容院を探し、クーポンによる割引を使い続けてきた。

 

これをやっていると、確かに安く髪の毛をカットすることはできる。

できるのだが、毎回違う人に切ってもらうので、髪型が安定しない。

 

余談だが、地方転勤で田舎に転勤していた時は、美容院で髪をカットし、シャンプーもしてもらったのに、髪を乾かしてもらえないこともあった。

※因みに外では雪が降っていた。酷くね?

 

また、頼んでいないのに「こうアレンジしたらカッコよくなるんすよ~」と、勝手に髪の毛をはねさせまくる美容師とかいて、地方は嫌だなって。

 

 

そんな地方の美容院がイヤだ話はさておき、今回は身銭を切って、LIPPS Ray GINZAでカットとパーマをしてきた という話をお送りしていきます。



 

 

 LIPPS Ray GINZAに行くまで

 

LIPPS Ray GINZAに行くまではカットが4,000円の美容院で髪の毛を切ってもらっていたのですが、どうもなかなかイケメンにはなれませんでした。

なぜイケメンになれないのか?というと、そもそもぼくがイケメンじゃないからですね。

あっ書いてて悲しくなってきた。

 

 

真面目な話をすると、以前通っていた美容院では、写真を見せて「この髪型にしてください!」というと、ならないんですよね。

ちょっと微妙に違う。

 

 

でも、ちゃんとした美容院に行った経験がないので、「まぁこんなもんか…」と思っちゃっていたわけです。

 

どこに行っても、「まぁ、こんなもんか…」と思い続ける日々だったのですが、少し考えました。

 

 

「カットの値段が高い美容院、行ったことなくね?」

 

実は地方にいる時はそれなりの美容院に行ってみたのですが、「地方クオリティ(笑)」という感じだったんですよね。

 

カットが6000円のところに行って、カットしてもらっても、「トリートメントしてるんですか?いい兆候ですね」←なんの?という謎な言葉しかかけられなかったので、美容院に対する諦めというか、美容師に期待することはやめたというか、色々複雑な思いがあったわけですね。

 

地元メディア(爆)でゲキ褒めされている美容院に行ってみて残念な思いをしたので、半ば諦めていたというか、

 

 

でも今俺が住んでいるのは…?

 

そう、東京!!

 

ということで、東京ならどこかしらまともな美容院があるだろうと。

まともな美容師と巡り合えるんじゃねーかと。

 

そう思って、とりあえず有名な美容院に行くことにしました。

 

 

 

LIPPS Ray GINZA!君に決めた!!

LIPPS Ray GINZA

本当は表参道とか原宿のお店に言ってイキりたかったんですよ。

 

女の子「どこで髪切ってるの?」

広瀬「ああ、オモテサンドゥーのルィィィップゥス!」みたいな。

 

 

LIPPS Ray GINZA

 

若本かよ。

 

でもやっぱりイキりたくてもイキる勇気がないんですよね。

ほら、トリプルエーも愛してるのに愛せないとか、意味不明なこと言ってたじゃないですか。

 

イキりたいけど、イキれないんです。イケメンじゃないから。

 

表参道で髪切ったとかいって、イケメンじゃないやつが出てきたらどう思います?

 

お前なんか1,000円カットで十分だよと。

なんなら俺がいい店紹介してやるよ。QBハウスって言うんだけどさ。

 

って、言われるんじゃないかなって。

 

まあ、大学4年のときはわざわざ片道30分くらいかけて、行ってたんですけどね。

表参道に。

 

ハハ、もう変な歴史は繰り返したくないじゃないですか。黒い歴史は。

 

 

で、家からも職場からも近い、LIPPS Ray GINZA LIPPS Ray GINZAにしました。

 

いや、そんな理由じゃなくて、

 

LIPPS Ray GINZA

行きたいサロンランキング1位!(行ったとは言ってない)だったので、

感動を与えてほしかったので行ってきました。

 

 

髪の毛をカットするための美容院を決めたら、次は美容師を選びます。

 

誰を選ぶか考えないといけないわけですが、単純に「この髪型がいい!」って思う髪型を実際にカットしたことがある美容師を選べばいいと思ってます。

 

 

今回はこれにしよう

 

LIPPS Ray GINZA

 

と思ったので、この髪型をカットした?作った?創造した?

TOSHIさんという方にしました。

 

よく見ると、【パーマの神】メンズパーマプロマスター

と書いてあります。

 

パーマは今回のオーダーに入っていませんが、パーマの神という異名を持つ男性なので、信頼できるかなと。

ちなみにぼくは巨根の神です。どうでもいいですね。

 

 

実際にLIPSS Ray GINZAに行ってみたんだけど

荘厳な…空気感がありましたね。

 

だって、お店入って、荷物預けて、指定されたところに座ってたら…

「担当はTOSHIですよね?挨拶させに来ますから待っててください。」っていって、美容師さんがTOSHIさんを呼びに行くんです。

 

いやいやいや、そんな、挨拶される器じゃないから…と思ったんですけど。

 

これが普通?らしく、マジでビビる。

 

接客一つ一つが丁寧で、これがトップクラスの美容院か~と思わず感心してしまいました。

今までは値段でしか美容院を選んでいなかったんですが、安けりゃいいってもんじゃないなと改めて実感しました。

ちょっと高いお金を払っても、最終的に自分がカッコよくなるのであれば、カッコよくなれた方がプラスじゃないですか?

 

1,000円カット、2,000円カットでカットしてもらって、カットが気に入らなくて、「失敗した~」といって憂鬱な気持ちで毎日過ごすのは嫌でしょう。

 

というか嫌だと思ったんですよね。

こんな具合に。

 


 

TOSHI様から頂いた有難いお言葉

で、カットをお願いしました。

 

これです。

LIPPS Ray GINZA

モデルがイケメンすぎて比較にならん!というツッコミはやめてください。こっちはマジでこんな感じの髪型になりたいと思ってLIPPSにいってんだよ!!!

 

TOSHI様「あちゃー…一番長さがないといけない所の毛が綺麗に短くカットされちゃってるね^^;」

 

 

は???WWWWWWWWWWWWWWWW

 

イヤなんかそんな気はしたんだけど、そんな気はしてたんだけど、そんなことない!そんなことない!!って思い続けてたんだけど…

 

ガチでしたね。

 

広瀬「頑張って、髪伸ばします!!」

そういって、その短い髪に合わせて周りの毛も切ってもらった。

 

うーん。

やっぱりカットが4,000円のお店は、4,000円のクオリティなのかもしれない。

もちろん、美容院は毎月いくから、カット代を抑えられた方がいいのは間違いない。

 

でも2,000円払わなかっただけで意味不明・女の子にモテない髪型にされて、残念な気持ちで毎日を過ごすなら、プラス2,000円をポンと払っちゃったほうがいいわな。

 

もうね、そう思ったよ。俺は。

 

別にロレックスに憧れもないし、ベンツもクラウンにも憧れもないけど、自分の見た目にはこだわって、お金を使っていきたいな、と…。

 

 

あともう一言、印象に残ってる一言があってね…

 

「前髪空かれてるね笑」って。

 

 

ああああああああああああやっぱりかよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおなんでどいつもこいつも俺の前髪を勝手に空くんだよ!誰が空けって言ったんだよ!!やれって言われたこと以外やらなくていいから!!!

 

気持ちは完全に藤原竜也ですよ。

 

↓髪の毛を勝手に空かれていることを知った直後の広瀬

LIPPS Ray GINZA

 

↓過去の美容院を恨む広瀬

LIPPS Ray GINZA

 

やっぱり、必要なお金をケチるとろくなことにならないんだな、と思いました。

別に贅沢をしろといっているわけではありません。

 

毎日いきなりステーキを食え!とか、そういう話じゃないんです。

 

お金をかけるべきところにはお金をかけて、お金を使う必要がないところにはお金をかけないっていうお金の使い方を徹底していきたいな、と思いました。

 

なので、ぼくにとって美容院に払う6,000円っていうのは、言ってしまえば本当に必要なことなんですよね。

 

だって、そうじゃないところで髪の毛をカットすると、前髪勝手に空かれるし、必要な毛を切られちゃうし、こんな世の中じゃポイズン!って話ですよ。

 

そこにあとたった2,000円を足すだけです。4,000円のカットに2,000円を足すだけで、日本でトップレベルの技術でもってカットしてもらえるわけですから、ケチる場合じゃないなと思いました。

 

皆さんも、カットにお悩みがある場合は、是非LIPPSに行ってみてください。

必ずしも、LIPPS Ray GINZAでなくても良いとは思いますが、「自分のなりたい髪型」を見つけて、その髪型をカットした実績のある美容師さんを頼ると良いのかなと思います。

 

また、ホットペッパーで予約すれば、新規はカットも20%オフになるので、ぜひ一度足を運んでみてください。

 

LIPPS Ray GINZAの予約はコチラ↓

LIPPS Ray GINZAでカット・パーマの予約をする LIPPS Ray GINZA

 

 

 

カット+パーマをしてきた(2019年7月)

「この夏はモテちらかすぞ!」という意気込みで、カットとパーマをかけてきました。

別で記事を書こうかな〜と思ったのですが、内容が薄いので、この記事に追記しちゃいますね。

 

カット+パーマ+ヘアオイル=約24,000円でした。笑

 

もともとこの髪型をやろうと思ったんですが…。

 

 

なんかね、この髪型ね、前髪にツイストパーマってのをかけるらしいんです。

 

で、+3,000円。

 

それと、痛みの少ないパーマに変更してもらったのと、ヘアオイルを買ってもらったのとで合計24,000円でしたね。

高すぎて死ぬかと思いました。

 

で、カット+パーマをしてもらった結果がコレです。

 

LIPPS Ray GINZA

 

「えっ、なんか違くない!?」

 

※前髪にパーマをかけたことに関しては、Euphoria SHIBUYA GRANDEの美容師さんにダメ出しされました。

 

www.no-more-inaka.com

 

まあ、いいことばかりじゃありませんよねwwwww

 

LIPPS Ray GINZAの店舗情報

住所

〒104-0061
東京都中央区銀座2-3-1 Ray Ginza4F

 

電話番号

03−6264−4558

 

営業時間

火・金 12:00〜21:30
水・木 12:00〜21:00
土 11:00〜21:00
日・祝日 10:00〜20:00

 

定休日

月曜日

 


 

タイトルとURLをコピーしました