Twitterはこちら

恋愛工学に熱狂していた2014年から4年後の2018年現在

この記事は約8分で読めます。

f:id:Re_hirose:20181229201016p:plain

2014年、ぼくを含めて多数の人が恋愛工学に熱狂し、

2015年には恋愛工学を題材にした小説『ぼくは愛を証明しようと思う。』が刊行された。

 

 

その頃というのが、恋愛工学のピークだったように感じる。

 

そして、時は流れて2018年。

 

 

昨日、その当時(2014年~2015年)に知り合った人たちと普通に飲み会を開催してきた。

なんだかんだで今でも月に1回程度は集まって飲む仲だ。

 

4年前と変わったことと言えば…飲み会の最中にナンパをしなくなったことである。

 

六本木に集まっては、六本木駅~六本木ヒルズ間を歩く女性に声をかけ、

ヒルズにあるリゴレットに連れ出しては即席合コンのような催しを開催したりもした。

 

そこから六本木の家に住む友人の家に女性を招き、楽しく飲み明かしたりもした。

不思議なもので、「彼氏がいる」と言っておきながら、平気で男の家についてくる女性に何回も会ったし、「今日知り合ったばかりだから…」と言いつつ、なぜかラブホテルについてくる女性もいたりした。

 

思うに、ナンパという行為は女性に対する理想であったり、こうあってほしいといった願望を洗いざらいきれいに流してくれる行為だと思う。

 

 

ナンパをしてみて、ナンパについてくる女性が本当に存在することを知り、

ナンパをしてみて、彼氏がいようが他の男とセックスする女性がいることも知った。

 

 

今回は、今でも仲良く月1程度で集まっている面々との出会いについて、

昔話を交えながら話していきたい。



 

 

 

初めての出会いは2014年12月末日

本当は正確な日にちまで覚えているのだが、ブログではボカシておいた方がいいだろう。

この日、ツイッターで知り合ったゴッホさん、ヒデヨシさん、あとアカウントはなくなってしまったるいさんという方の計3人と渋谷で会うことになった。

 

会うことになったというよりは、上記3名の会に呼んでいただいた、という言い方の方が正しいのかもしれない。

 

この頃はなべおつさんという方の『口ベタ営業マンが渋谷ギャルをナンパし続け半年後に1億の契約をとった件』

というナンパ本がちょうど世に出て1ヵ月という時期で、

渋谷のカフェで「あちらのお客様へ」というナンパの方法を使い、

飲み物を振る舞っていた。

 

その後、トイレにいくついでに飲み物を振る舞った女性と会話を始め、

 

「すげーな、これがナンパかよ」と目の前で起きている現実に少々理解が追い付かなかった。

 

惜しいことに、ここで知り合った女性は関西地方に在住の方らしく、

ヒデヨシさんから「コイツ良いやつだから連絡先だけでも交換しといてよ」のパスも虚しく、LINE数通のやり取りで終わってしまった。

 

 

 楽しい飲みも終わり、続いてストナン(ストリートナンパ)をすることになった。

 

と言われても、何をどうやったらいいのか分かるわけもなく、ヒデヨシさん、ゴッホさんやらの背中を追いかける形で実践することに。

 

しかし、「何を話していいか分からない」という状態で、

終始挙動不審。笑 彼らがオープン(話を聴いてくれる状態のこと)している女性たちの輪の中に入り、当たり障りのない会話をする、俺…

 

f:id:Re_hirose:20181229191441p:plain

ハイエナやんけ

 

 

そんなカスみたいな行為が許されるわけもなく、

次は指名ナンパがスタートします。

 

指名ナンパとは、友人が指名した通行人に有無を言わさず声をかける というナンパの仕方です。ナンパにまだ抵抗がある人がやるナンパの方法ですね。

 

これを…

 

やれと。

 

やらなきゃいけないのか~みたいな…

 

 

でね、ヒデヨシさん意地が悪いから、トランプのクイーンみたいな髪型の女性に声をかけろ!というんですよ。

 

ãã¹ãã¼ãã®ã­ã¤ã¤ã«ã¹ãã¬ã¼ããã©ãã·ã¥ã¹ãã¼ãã®ã­ã¤ã¤ã«ã¹ãã¬ã¼ããã©ãã·ã¥ãã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

 

いやまあ、そういうルールですからね。

ルールはルールなので、おとなしく従いますが…

 

後ろ姿がトランプのクイーンだったので、案の定、可愛いということは決してなく…。

 

「こんばんは!」と声をかけてみたのですが、

 

無視!!

 

されるわけですよ。

 

思わず、「え、無視?笑」みたいなね、情けない声が出てしまうわけです。

 

そんななか、「あれ行ってこい」と言われて声をかけた…ギャル。

 

「終電なくなっちゃって家に帰る手段がなくて、仕方なくここら辺ふらふら歩いてたらお姉さん見かけたから声かけちゃった。」

 

と 

 

今まで生きてきた中で、出会ったことのないギャル。

f:id:Re_hirose:20181229192825p:plain

 ※イメージ図

 

に声をかける。

 

「寒いしそこら辺の居酒屋入ろう」で、

 

土間土間

 

イン。

 

 

 

「肌黒いね^^焼いたの?」って言ったら、

 

「地黒だよ」

 

と言われて言葉選びの下手くそさに申し訳なさの極みだな、と…。

 肌黒いし、ギャルだし、そんなん言ってしまいますやん。

 

「焼いたの?」って。

 

当時の自分は今より格段にコミュ力がなく、言ったら燃える言葉を言ってしまっていたかもしれません。もちろん、今はツイッターでよく別の意味で燃えていますので、この頃とあまり変わりはないかもしれませんが。

 

 

でね、ここの土間土間が半個室的な個室で、

あんまり席から外が見えないつくりになってたのね。

 

テキトーに話しながら、飯を食わせて酒も飲んで打ち解けたタイミングで…

キスをするわけです。

 

正確にはその前に、手を握ったり、頭を撫でたりとかして、

嫌がってないかをチェックした後にキスをするわけですが…。

 

キスしたら、「噛むよ^^?」って言われて歯をガチガチやってたので、

 

 

f:id:Re_hirose:20181229193520p:plain

 

 

メンヘラなのかなと。

 

思うわけです。

 

でも不思議なことに、彼女はずっと「私ホテルは行かないから!ホテルは行かないから!!」と言っているのに、「もう眠い時間帯だからゆっくりできる所に行こう^^」って言ったら、普通にホテルはいっちゃうんですよね。

 

女心って本当によく分からんもんなんだなとその時思いました。

 

ホテル行かないって言ってたよな…?

 

で、やることやろうとしたら全然抵抗ないし、本当に女の子ってよく分からん生き物だなと思いました。

 

 

そんな彼女とは半年ほど付き合い、生活リズムが原因で別れたものの、今でもFacebookでたまに連絡をとるくらいの仲に落ち着いています。

 

 

この前「家行っていい?」と聞いたら、「彼氏いるからダメ」と言われました。

 

後にも先にも、ギャルっぽいギャルはこの子とあとコリドーで知り合った女の子くらいしかいませんね。思うんですが、ぼくはギャル受けしないんですよ。基本。

 

でもいいんです、自分のことを好きになってくれる女の子のことを好きになろうと思ってますから。

 


 

 

そしてそれから4年後…

同じ場所、同じ土地で飲み会を開きましたが、既にナンパをしようと思う人は多くなく、仮想通貨でお金を溶かしたマ〇〇ィさん、アメリカへ旅立っているケーゴさん、ドラクエばりに転生を繰り返すインベスター社畜さん、本を出したゴッホさん、ブログを書くヒデヨシさん…などなど、それぞれが思い思いの方向で熱量を発揮しているということが分かりました。

 

ナンパをしなくなったとしても、消えない絆というか、こうやって月に1回程度会って飲み会を開くのって、なかなかやらないと思うんですよ。

 

というか、ぼくは基本的に同性との用事なんてほぼ入ってないですし、めんどくさそうなので誘われても断ります。

 

なんでかっていうと、ブログ書いてたり、本読んでたりする方が大体楽しいからです。

 

それに、ツイッターで知り合った人と新規合流!とかいってると、気が付いたら個人情報をネット掲示板に書き込まれて人生狂った人とかもいるみたいじゃないですか。

 

そういう話を聞いていると、トータルで考えると、今仲のいい人たちとこれからも仲良くし続けるっていうのがベストなんじゃないかなと思います。

 

もちろん、こびへつらうつもりはありませんが、仲良くしたいと思ってもらえるような人間でないといけないとも思います。

まあ、しょっちゅうツイッターが炎上しているので、仲良くしたいと思われてるかどうかはちょっと?マークをつけときますね、はてなブログだけに。

 


 

2018年をナンパ的な目線から振り返る

 

夏場は納涼船に乗ってナンパをしていましたね。

 

秋~冬になったらナンパをしなくなりましたね。

 

セミかな…。

 

 

いや、なんていうか、ナンパに対しても時間対効果、費用対効果を求めるようになってしまって。こんなことをしてるとナンパは上手くなりっこないんですが、考え方がこうなってしまっているのでしょうがありません。

 

で、納涼船は自分が恋愛でターゲットにしたい層=女子大生~社会人3年目 が非常に多く、また、その層に刺さりやすいタイプの人間なので、納涼船でナンパをするのが一番効率がいいんですよね。

 

手前味噌ですが、納涼船は5回乗ってうち2回は当日お持ち帰り、後日3人ほどディナーの予定を入れてお持ち帰りしたり付き合ってみたりとまあまぁな打率だったので、来年も納涼船には出撃したいと思ってます。

 

 

他はあんまりナンパしてないですかね…。

 

コリドーに出撃しては、女の子に飯を奢り、

コリドーに出撃しては、女の子に酒を奢り、

 

ナンパってお金がかかるな、と思った次第です。

 

タイトルとURLをコピーしました