Twitterはこちら

女さんの想像で書かれた「イエスセット」がかなり雑だったので、「イエスセットとは何か?」を丁寧に書いていく

この記事は約6分で読めます。

f:id:Re_hirose:20181221234755p:plain

「イエスセット」という単語を皆さんは聞いたことがありますか?

 

主に心理学のNLP(神経言語プログラム)という分野で、

「カウンセリングの際に患者の心を開く」目的で使われるテクニックです。

 

このカウンセリングというのは、引きこもりや精神的な病気を患っている人を対象に行うものだということを、年頭置いたうえでこの記事を読んでいただけると助かります。

 

さて、今回の記事はズバリ、「イエスセットとは何か?」ということに焦点を合わせた内容にしていこうと思っている。

 

というのも、ツイッターを徘徊していると、

”とても雑なイエスセット”を発見してしまったからだ。

 

f:id:Re_hirose:20181221213349p:plain

 

こんな簡単にツボ買わねーから。

これを書いている人は、ロクに営業をやったことがない人だなと思ったし、イエスセットについても多少聞きかじったくらいの知識しかないんだなと感じた。

 

そういう人に知ったかぶりをされながら、恋愛コラムなんぞを書かれた日には、

恋愛コラム難民が発生してタイ・ベトナムあたりで女の子を買い始めることになるのではなかろうか?

 

 

 日本でラオス人を買ってる恋愛工学性もいるが、そっとしておこう。

※ゴッホさん、勝手に載せてごめんなさい。



 

 

 

恋愛におけるイエスセットの目的

 

なぜこんなイエスセットだからイエスキリストだか、又吉イエスだかという恋愛テクニックを使う必要があるのか?

 

それは、イエスセットによって、相手から「はい(YES)」を引き出し続けることにより、最終的な目的に対しても「はい(YES)」と言いやすくするためである。

 

もっと簡単に言うと、

ずっと「はい」って言っていたほうが険悪なムードにならず、ゴールを達成しやすいよねという話である。

 

というのが本来的な目的だが、個人的には会話をリードし、楽しい雰囲気を作り出すことがイエスセットの目的だと感じることは多い。

 

なぜなら、「はい」と答えることは非常にコミュニケーションとして簡単だからである。

 

これを、クローズドクエスチョンというのだが、例えばいきなり、「趣味は何?」と聞かれるより、「ビール好き?」と聞かれた方が回答はしやすい。

 

趣味はガチな趣味から軽めの趣味まで、そして人に話せるものから話せないものまであると思うが、後者のビールの話は「はい」か「いいえ」で済む簡単な話である。

 

また、「はい」とだけ言わせてれば女性の股を開くことができるかというと、

決してそんなことはないと思う。笑

 

ただ、「いいえ(No)」が連続すると、空気感が悪くなるのは否めないだろう。

そのため、可能な限り「はい(Yes)」と言ってもらえる雰囲気を作った方がいい。

 


 

 

具体的なイエスセットのやり方

それでは次に、具体的なイエスセットのやり方について書いていきたいと思う。

ぼくが良く使うのは、デートで飲み物を頼むときだ。

 

まず最初にドリンクを頼むのだが、その際に相手の女性に必ずこう聞く。

「ビール系と甘い系、どっちのが好き?」

 

①「ビール系が好き」な女性の場合

スタート:「ビールが好きなんだ?」→「はい」

 

(A)相手がギャルっぽい場合

「ビール似合う顔ってよく言われるでしょ?」→「よく言われる(はい)」

 

(B)相手が清楚系っぽい場合

「ビール飲めるの意外って言われるでしょ?」→「よく言われる(はい)」

 

 

②「甘い系が好き」な女性の場合

スタート:「甘い系が好きなんだ?」→「はい」

 

(A)相手がギャルっぽい場合

「甘い系のカクテル飲むのって意外ってよく言われるでしょ?」→「よく言われる(はい)」

 

(B)相手が清楚系っぽい場合

「甘い系のカクテル飲んでるイメージってよく言われるでしょ?」→「よく言われる(はい)」

 

 

こんな感じで、ほぼ100%「はい(YES)」と返ってきそうな話題を振っていきます。

相手の行動、動作、事前情報などから察せる内容を中心に話を振っていきます。

 

なので、「趣味は?」とか、「休みの日は何してるんですか?」とか、

そういうテンプレの類は最初は使わない方がいいですね。

 

これをずっと書いてるときりがないんですが、

参考までにお酒の話でイエスセットを組んでみましょう。

 

 

ビール系が好きな女性からYES(はい)を引き出す

・ビールが好きってことは、お酒強いよね?

・ビールが好きな女の子って、家で一人で飲んでるイメージある笑

・ビール美味しいよね

・お酒好きなんでしょ

 

 

「甘い系が好き」な女性からYES(はい)を引き出す

・甘い系が好きってことは、お酒強くないよね?

・甘い系が好きな女の子って、大学時代ちゃんとしたサークル入ってたイメージある笑

・甘い系のお酒の方が飲みやすよね

・あんまりお酒得意じゃないんでしょ?

 

 

こんな感じで話を展開すると、「はい(YES)」と女の子に言ってもらいやすい雰囲気を作ることができます。

 


 

 

イエスセットは階段を一段ずつ上っていくイメージ

f:id:Re_hirose:20181221233251j:plain

一番最初に載せた画像のように、いきなりツボの話をするのはダメです。

 

話が飛躍しているわけですが、一気に話を進めることができるというメリットはあるものの、こちらが望むゴールに相手を導くことができないデメリットがあります。

 

そして、いきなりツボを売る=いきなりセックスを求めるくらいのレベル感だと思ってください。どう考えても不可能でしょう。

 

なので、階段を一段ずつ上っていくように、話をゆっくり前に勧めていきましょう。

 

 

余談ですが、デートにおける失敗談で多いのが、

「お店を出たら男性の態度が豹変した」という話をよく聞きます。

 

それは、”お店を出た”瞬間にいきなり手を繋がれたり、キスしてきたり…

ということが該当します。

 

ここでも階段を一歩ずつ登っていくことが大事で、

お店を出ていきなり手を繋ぐんじゃなくて、

お店で「寒いよね」とかテキトーなことを言って手を握ったらいいんですよ。

 

そして、手を握るのがOK→ハグ→キス という順番を踏んでいけば、

「お店を出たら男性の態度が豹変した」と思われずに済むはずです。

 

この記事を読んで、少しでも皆さんの日々のデートのお役に立てればと思います。


 

参考文献

タイトルとURLをコピーしました