【落ち着いて!】家電リサイクル券を紛失した場合の対処法

この記事は約3分で読めます。


 

家電リサイクル券 紛失

先日ヤマダ電機で洗濯機を購入しました。

 

洗濯機の購入から配送まで1ヶ月ほど時間が空いたため、家電リサイクル券を家で紛失してしまったんですよね。

そのため、今は新しい洗濯機と古い洗濯機の両方が家にあります(笑)。

 

めちゃくちゃ焦ってネットで情報を探してはみたものの、家電リサイクル券を紛失した場合の対処法についてきちんと書かれているサイトが見つからなかったので、自分の体験談を書いていきたいと思います。

 

自分と同じように家電リサイクル券を紛失してしまった際の参考になればと思います。

 

結論

 

  • 配達業者には一旦帰ってもらう
  • 再回収の申し込みが必要
  • 再回収の際、出張費:2,750円(税込)が必要


 

 

 

配達業者には一旦帰ってもらう

配達業者がベテランの方であれば自主的に帰宅してもらえると思いますが、そうでない場合は一旦帰ってもらうように促してください。

色々と交渉してみたのですが、どうあっても家電リサイクル券がない状態では、古い冷蔵庫を持って帰ってくれません。

当たり前ですが。

 

「家電リサイクル券を紛失される方って多いんですよね」と言っていたので、よくあるそうです。

 

ただし、家電リサイクル券がなくてもぼくの場合は新しい洗濯機を設置して、起動する状態までチェックを終えていただけたので、それだけでも大変助かりました。

 

 

 

再回収の申し込みが必要

当然ですが、家電リサイクル券を持っていないと配達業者の方は古い洗濯機を回収してくれません。

そのため、自分が購入した家電量販店に電話をし、再回収(再配達)の依頼を行います。

 

ぼくはヤマダ電機の店舗で洗濯機を買ったため、ヤマダ電機の店舗に電話をしました。

買ったお店でないと顧客の特定ができない可能性があるため、池袋のヤマダ電機で洗濯機を買ったら、池袋のヤマダ電機に電話をした方がスムーズでしょう。

 

店舗に電話をかけ、再回収できるかどうかや、再回収の日にちなどを確認の上、折返し電話をもらえるので、電話を待ちましょう。

 

 

 

再回収の際、出張費:2,750円(税込)が必要

諦めてください。家電リサイクル券を紛失した自分が悪いのです。

再度洗濯機を回収してもらう費用として、出張費 2,750円(税込)が必要になります。

 

決済手段は現金しかないため、ピッタリ2,750円を揃えておいて欲しいとヤマダ電機の人に言われました。

ちなみに税抜きだと2,500円です。プロテイン1Kg分の値段ですね(涙)。

 

 


 

 

 

探しても家電リサイクル券が見つからなかった場合の対処法

ぼくは運よく冷蔵庫の横に家電リサイクル券が入った紙がマグネットで貼り付けられていました。

全然見つからなかったと思ったら、意外と身近にあってびっくりです。

 

「そういえば、こんなところに貼ったな…」と、懐かしささえ感じてしまいました。

だって一ヶ月以上も前のことですし。。。

 

さて、家電リサイクル券を探しても見つからなかった場合どうするか?というお話ですが、購入した店舗に問合せを行うのが一番間違いがないです。

 

ぼくの場合は家電リサイクル券を発見できたので、再回収の申し込みだけを依頼すれば済みました。

 

ただし、家電リサイクル券がなくなったからと言って、二度と回収してもらえない訳ではありませんので、安心してください。

 


 

タイトルとURLをコピーしました