Twitterのフォローお願いします!

転職エージェントとの面談内容:社会人4~5年目の人に向けて

f:id:Re_hirose:20190105125213j:plain

今回は転職エージェントとの面談内容をブログに綴っていこうと思います。

タイミングとしては、転職エージェントとの面談をするのは2回目です。

 

また、段階としてはようやく職務経歴書が書き終わり、何社か応募を始めたぐらいです。

 

自分だけに留めておいてもいいのですが、他人に見せることを前提にブログに書くことで、面談の内容を記録し、より理解を深めたいと思って書いています。

 

端的に言えば、自分のためにもなるし、見る人のためにもなるんじゃないかな、と。

 

概要


 

 

30歳で年収1000万になるには?

聞きにくいのですが、聞いてきました。

漠然とですが、30歳で年収1000万はほしいよねってことで。

 

すると、外資のコンサルティングファームで、入社するだけではなく、そこで結果を出さないとかなり難しい。働き方も大きく変わると思う。

 

と言われました。

 

要は、外コンに入って、結果を出さないといけなくて、かつ仕事漬けの日々を送らないと難しいとのこと。

 

う~~~~ん

 

なんか違うな。。。

 

 

1日10時間を当たり前のようにサラリーマンで過ごしてしまうと、他になんにもできないんですよね。他に何かするのがいいこととは限りませんが、ぼくはブログやりたいです。

 

なので、この話を聞いて、この話が正なのであれば、30歳で年収1000万という目標を達成するには、本業で800万、副業で200万が達成確率が高そうな目標設定かなと思いました。

 

ツイッターを見ていると、若くして年収1000万 が当たり前のような錯覚に陥りますが、けっしてそんなことはなく(笑)

 

これが自分の直面している現実なんだということを真摯に受け止め、自分のできることを精一杯やっていきたいと思いました。

 


 

 

年収の下限も上限も目安でしかない

ま、ぼくなんて下限の年収くらいしか提示されんだろ~というスタンスで求人を見ていたのですが、エージェントから「必ず下限ってことはないし、選考の過程で決まっていくから、まずは受けてみてはどうか。」という話をされました。

 

何故だか知りませんが弱気な広瀬氏です。謙虚とでも言えばいいのか。

 

ぶっちゃけ今より年収が下がるなら転職する意味もないと思いますね。

なので、面倒というか、内定をもらって辞退してしまうのは恐縮ですが、とりあえず選考を受けて、どれくらいの年収でオファーをもらえるのかを試してみたいと思いました。

 


 

 

下限を下回っても採用したいと思う人がいたら採用する

少しびっくりしたのですが、提示している年収が目安ということもあり、下限を下回ってでも採用したい人がいたら採用するとのことでした。

 

その年収で採用されてしまう人、一体前職はどんな仕事だったんだ…と思わなくもないですが、労働時間が長いから年収が高い仕事から、労働時間は短いけど年収は低い仕事にチェンジするのも価値観によっては全然ありですよね。

 

必ずしもいっぱい働いて!いっぱい稼ぐ!!という価値観が正しいわけではありません。これは個人の価値観によるところですから、正しいもクソも味噌もありません。

 

そんな中、「年収は任せられる仕事で決まる」とのことで、任せられる仕事の難易度は低いけど、この人はほしい!って思ったら、下限を下回ってでも採用するとのこと。

 

サラリーマンって、本当クソゲーですねw

 

 


 

 

ソニーは給料が高い

気になったので調べてみました!そしたら本当に高いみたいです。

同業他社と比較しても、200万円以上高い!!

 

ソニー:1013.6万円(2018年3月期)
日立製作所:871.5万円(2018年3月期)
東芝:815.5万円(2018年3月期)
三菱電機:792.4万円(2017年3月期)
パナソニック:768万円(2018年3月期)

 

【平均年収1014万円】ソニーの給与が高いのはなぜなのか | TENSHOCK

 

これはソニーへの転職待ったなしか?

 

頑張ります。

 


 

 

扱うビジネスの規模と利益率で給料も決まる

motoさんも仰っていましたが、扱うビジネスの規模と利益率で給料も決まるとのことでした。分かってはいても、他人から言われるとはっとしますよね。

 

ビジネスの規模が大きくても、利益率が悪ければ給料は上がりませんし、

ビジネスの規模が小さくても、利益率が良ければ給料は上げやすいとのこと。

 

今ぼくがやってるブログ副業なんかも正にそんな感じで。利益率だけ考えればめちゃくちゃ良いですよ。

 

サーバーのドメイン代+はてなブログPro代で年間1万円くらいなのですが、

そこから上げられる収益だけでも10万円超えますからね。

 

まぁ、家賃を経費に入れるとか、光熱費も経費入れるとかっていうややこしい計算をすると利益率は下がっちゃいますけど、それでもビジネスの規模が小さいながらもお金に直結しやすいのは利益率が高いからですよね。

 

また、業界によってビジネスの規模や利益率も大体決まってきて、既にあるビジネスの利益率の改善なんかは限界があるに決まってるので、既にビジネスの規模も大きく、利益率も高い業界や企業へ転職すると良さそうだなと思いました。

 

気付くの、遅っ!!笑

 


 

 

TOEICやれ!TOEICやれ!!TOEICやれ!!!

今回の電話面談でもまた、エージェントにケツを叩かれました。

分かってます、やります、申し込みました。

 

 

3月10日まで待っててほしいし、結果が返送されるのは4月9日です。

そこで700点くらい獲得できてると良いんですけど…

 

 

 こればっかりは、やってみるしかありませんね。

900点を目指して頑張れば、700点くらいはとれるでしょう という戦法で勉強を進めていきたいと思います。

 

英語の勉強なんて大学1年生ぶりなので、実に6年ぶりですね。

低スぺでさーせんw

 


 

 

dodaを使って転職活動をしています

現在はdodaというWebサイトを使って転職活動を進めています。

今は担当のエージェントさんが就いてくれて、求人案件を探してもらっている状態です。

また、dodaは他の転職サービスと異なり、エージェントが就いてくれるだけでなく、サイト上で自分で企業を探してくれるので1サイトで転職活動が完結できるんですねよね。

 

今のぼくみたいに、「今すぐ転職はしたくないけど、今の自分はどのような企業に転職できるのか?」と悩んでいる人にはお勧めです。

 

ビ〇リーチのエージェントと違って、こちらの希望に合った求人を探してきてくれるのが助かりますし、転職のごり押しをしてこないのも非常にありがたいです。

 

以前、ビズリーチを使っていた時は、そこで色々なエージェントとやりとりをしていたのですが、「ここ受けろ、ここ入れ!」みたいな圧力が強くて面倒だった記憶があります。

 

興味ない企業の面接は受けても、入るかっつーと入らないわけですよ。そこで怒られたりもして。笑

 

なので、ぼくはdodaをオススメしています。

 

一緒に転職活動頑張りましょう!


 

 

Twitterでコンサルの方からご意見いただきました。

 

 

 

 

 

 

コンサル業界については全くの無知なので、ご意見いただけると助かります。

エージェントから話を聞いた以上に、コンサルは高給で激務ではないということなんでしょうか?

違うエージェントを探したり、違う転職サイトに登録したりしようと思いました。

タイトルとURLをコピーしました