”チームラボプラネッツ TOKYO”は付き合う前のデートにピッタリ!その理由を300人斬りの元ナンパ師が紹介します。

この記事は約7分で読めます。

チームラボプラネッツ TOKYO

広瀬
広瀬

皆さんこんにちは!経験人数300人以上で、tinderで2度目の結婚をした筆者です。

今回は、元ナンパ師がチームラボプラネッツ東京に行って、「ここは付き合う前に来るべきデートスポットだ!」と感じた理由をつらつらと書いていきたいと思います。

チームラボプラネッツTOKYOが付き合う前のデートに最適な理由

手をつながないといけない言い訳がたくさんあるから、女性と距離を詰めやすい

チームラボプラネッツTOKYOの内部は、ほとんどのスペースで薄暗い作りになっており、また人がたくさんいるため、デートしている人と手を繋がないと、はぐれてしまいがちです。

広瀬
広瀬

「はぐれたら『東京都からお越しの××ちゃん』ってアナウンスしてもらわないといけなくなって恥ずかしいから、はぐれないように手をつなごう!

と言ってサラッと手をつないでみてください。

女の子
女の子

手を繋ぐのはちょっと…

と女の子から言われたら、脈なしなので違う子を再度チームラボに誘ってみてください(笑)

ちなみに、手を繋がないといけない理由は山ほどあって、

  • 足場が悪い(後述します)
  • 人が多くてはぐれてしまう可能性がある
  • 真っ暗で前が見えないのではぐれてしまう可能性がある
  • 客層は男女のカップルばかりで雰囲気がいい

などなどが挙げられるので、ここで手を繋げなかったら、一生手を繋げません。
手を繋げないということは、キスもできないし、その先もないということです。

チームラボプラネッツ TOKYOの中身を紹介するよ!

広瀬
広瀬

この記事を読んでからチームラボプラネッツ TOKYOに行けば大丈夫!行く人は一度目を通していってね!!絶対だぞ!!!

まずは並んで説明を聞く

チームラボプラネッツ TOKYO

ディズニーのアトラクションに乗る直前のように、チームラボプラネッツに入る前には説明を聞きます。
そして、靴を脱ぎロッカーに靴と荷物、そして脱ぎたてほやほやの靴下を入れて、会場へGO!!!

このとき、ズボンが長い人はレンタルで半ズボンを借りることができます。

いざ、入場!最初にあるのは”ショボい滝”

(引用元:Gallery – チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com

写真撮影を忘れてしまったので、公式のホームページから写真を引用しています。

ショボい滝の前に女の子2人組がいたのですが、こんな会話をしていました。

「えwww滝ショボwwwwww」

「これ、居酒屋で言ったらお通しじゃね?お通しだからこんなもんだってwww」

と異様に楽しそうだったので良かったのですが、若干の出落ち感は否めません。
気を落とさずに、さっさと次にいきましょう!w

きっと、周りがカップルばかりでテンションを上げないと辛かったのでしょう。

うん。ぼくも。

足場の悪いソファーゾーン(手を繋ぐチャンス!)

チームラボプラネッツ TOKYO

(引用元:Gallery – チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com

暗くていい写真が撮れなかったので、公式ホームページから写真を引用しています。

公式を見る限りでは空いてそうなのですが、実際は激混みです。
それも、イチャイチャしているカップルで。

チームラボプラネッツ TOKYOですが、入場時間の指定はあれど、退場時間の指定はないんですよね。
なので、入り口からいちゃいちゃしているカップルが多く、開店から時間が経っていると入り口が一番混んでいます。

僕がチームラボプラネッツTOKYOに行ったのは14時すぎだったのですが、その時間でも激混みでした。

なので、いちゃいちゃしているカップルを横目に歩きにくいソファーゾーンを颯爽と立ち去るのです。

 

LINEのアイコンにする女性が多かった光のゾーン

チームラボプラネッツ TOKYO

(写真は筆者撮影です)

迷宮みたいなところをグルグルグルグルしながら、奥の方で写真を撮ります。

光がライトアップ(語彙力の限界)されたり、光が落ちたりするんですが、光が落ちる瞬間を狙って発情するカップルが多く、目のやり場に困りました。
光が消えると、キスしているカップルもいて、明るくなったらキスしているカップルを目撃してしまった、、、なんて話もよくあります。

LINEのアイコンにする写真が多いエリアだな〜と思ってのですが、写真の取り直しが時間の許す限り可能なので、何度も何度も頑張って、写真の撮影をしているんでしょう。。。

通路が暗いのもまたおしゃれ

通路は次から次へと暗い所が多く、映画館で映画が上映中の暗さに匹敵するくらいの暗さでした。
なので、ここも恋人にしたい異性といって、イチャイチャすると楽しいんだろうなと思いました。

暗いからちょっとキスしたくらいじゃバレないんですよね、多分。

あとみんなテンション上がっちゃって後ろとか見てないですから、後ろから誰も来なければキスくらい余裕でできるんじゃないかなと。

ま、ぼくはしてないんですけどね。

 

ひざ下まで水につかるゾーン

 

「膝の上までズボンをまくってください!」

「じゃないと通しません!!」

 

と、スタッフさんが声を張っていました。

 

ぼくはユニクロのウルトラライトストレッチジーンズとかいうやつだったので、何とか大丈夫でした。
膝の上までズボンをまくって対処できたので。

どうしてもまくれない!って人は、入り口でハーフパンツを無料で貸し出ししてくれます。
なので安心してお楽しみください。

と言いたいところですが、借りたハーフパンツで写真を撮影するとインスタ映えならぬインスタバ映えになってしまうので、やはり丈の短いズボンやスカートを履いていくべきでしょう。

 

チームラボプラネッツ TOKYO

ここも結構暗く、四隅でイチャイチャしているカップルを見かけて暗い気持ちになりました。
でも、マジで(語彙力の限界2度目)綺麗なので、是非行ってほしいです。

 

風船ゾーン

風船がちりばめられているゾーンです。

f:id:Re_hirose:20181219001056p:plain

(引用元:Gallery – チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com

色んな人が風船を押しのけて写真を撮ろうとするので、回りには気を付けてください。
個人的にはここはあんまりバエないスポットかな、と。

奥の方の死角でキスしてるカップルもいました。

プラネタリウムチックな、花の映像がブワーって流れてくるゾーン

チームラボプラネッツ TOKYO

ディズニーのように、エリアごとに名前がついていると良いのですが、ついていないことが分かったので勝手に名前を付けています。
トゥーンタウンとかね、トゥモローランドとかね、名前があると良いんですけどね。

ここは床に横になり(なんだか不衛生な気もしますが)、あおむけになりながら映像を見るゾーンです。

流石に女性を床に寝かせるわけにはいかなかったので、腕枕をして、床に髪の毛がつかないように気を遣いました。
まあ、こんな感じで女性に近づく口実が嫌っていうほど沢山あるので、気になる異性と行くと良い感じになるんじゃないかな、と思いました。

ココも真っ暗なので、喘ぎ声でも出さない限りはキスしてもバレないでしょう。
綺麗な場所なのに毎回下ネタぶっこんでごめん。

まとめ

ここまでカップルやカップル予備軍に向けたデートスポットって、都内にはなかなかないんじゃないでしょうか?
写真を撮るのが好きな女の子だったら、まず外さないデートスポットでしょう。

ちなみに男4人とかでいる人たちもなかにはいるんですが、完全にアウェーなので辞めた方がいいです。

5割カップル、4割女子だけのグループ、1割が男だけとか子連れ みたいな割合でした。

お台場にもチームラボボーダレスという同じようなデートスポットがあるので、そちらも行ってみたいと思います!

 

チームラボプラネッツに行ってみた人の写真

ヒロセは顔出しNGなんで、雰囲気がわかる写真をInstagramから拝借します。

 

 

 

 

チームラボプラネッツ TOKYOに行く際の注意事項

長いズボンは折って膝丈まで上げる必要がある

この記事をちゃんと読んでくれた方は既にお分かりかもしれませんが、チームラボプラネッツTOKYOは水の中に入るので、スキニーのようなタイトな長ズボンを履いてしまうとダサいステテコに履き替えざるを得なくなります。

伸縮性の高いズボンであれば、水のエリアに入る時だけズボンを折って短くすればいいのですが、折って短くできないスカートはやめた方がいいですね。

外で待たされるので、夏は紫外線・熱中症対策、冬は防寒対策を忘れずにしてほしい

チームラボプラネッツTOKYOに行ったのは真冬の12月だったのですが、余裕を持って1時間前に会場入りしたものの、指定された時間以外には入場ができないシステムのため、近くのカフェでお茶をすることにしました。

チームラボプラネッツ TOKYO

カフェといっても室内ではなく、暖房はあるもののビニールハウスみたいな感じなので、防寒対策は必須だなと思いました。
また、チケットに記載の時間になったからといってすぐ入れるわけではなく、20~30分くらい列に並んで待機します。

並ぶと近くに自販機がなく、飲み物を買うことも難しいので、ホッカイロを持っていくと防寒対策に良いと思いました。

夏の場合は飲み物と日傘は必須でしょうね。

チームラボプラネッツ TOKYOのコロナ対策

チームラボプラネッツTOKYOでは、感染防止徹底宣言を行っているので、安心して遊びに行くことができます。

感染防止徹底宣言 新型コロナウイルス感染拡大防止中 teamLab Planets TOKYO

マスクの着用が必須なので、マスクは持っていきましょう。
また、検温も行っており、37.5℃以上の方はチケット払い戻しの上、入館をお断りされます。

また、体調不良の方、2週間以内に帰国・来日された方、および該当者と濃厚接触がある方は入館できません。

チームラボプラネッツ TOKYOのコロナ対策の詳細についてはコチラをクリック

タイトルとURLをコピーしました