Twitterのフォローお願いします!

ブログ歴1年のサラリーマンブロガーがブログコンサルティングを受けてみようと思った理由


 

沼津駅

ブログ合宿の地、沼津にて撮影。

とっても私事ですが、この度とらべるじゃーなさんという方によるブログコンサルを受けることにしました。

これまでは文字通り「なんとなく」ブログを書いていたのですが、ブログを続けているうちに、ブログへの熱が上がってきたので、「ブログを書くならしっかりと基礎を抑えて書きたい」と思うようになってきました。


 

 

なぜブログコンサルティングを受けようと思ったのか?その詳細

沼津駅で有名な海鮮丼屋さん

沼津駅で有名な海鮮丼屋さん

ブログを始めて1年弱が経ちましたが、今年の3月までははっきり言って結構順調でした。

月間のアクセスは8.6万、Google Adsenseの収益もボチボチ入っていたのですが、3月以降で8.6万PVを超える月がなくなってしまったんですよね。

もちろん、過去に比べて書く記事が少なくなったり、ブログ以外にも筋トレや転職活動に時間を費やしたりして、ブログに割ける時間自体が減っているというのもあります。

しかし、過去のアクセス数を超えられないことに対して、「このままダラダラブログを続けていても埒が明かない」と思うようになりました。

はっきり言ってしまうと、現時点でブログだけで飯を食っていきたい!とか、ブログ王に、俺はなる!!だとか、夢見心地なことは一切思っていません。

ヒロセの観測している範囲内ですが、2019年の4月に新卒ブロガー()として社会人デビューしたブロガーで、7月時点で更新が止まっているブロガーを見たり、インフルエンサーを名乗っていた男が急にブログを削除してしまったりと、「ああ、ブログってやっぱり厳しいんだな」と思うことが多かったからです。

当面はサラリーマン+ブログでやっていきたいなと思っています。

とはいえ、去年のブログよりアクセスが伸びないのはやっていて面白くありません。
アクセス数だけがブログの評価軸ではありませんが、「どうやったらアクセスが伸びるのか?」を考えて(Plan)、実際に記事を書いてみて(Do)、アクセス数がどうだったかを確認して(Check)、記事を書き直すか、新しい記事を作成する(Action)という流れを回していくこと自体が楽しいんですよね。

でも、ヒロセはWeb系の仕事とは一切関わりがないため、自分一人だと限界があるなと感じたので、ブログコンサルティングを受けてみようと思いました。

 


 

 

ブログコンサルティングは無償?有償?

富士山駅

合宿先の富士山駅にて

もちろん有償での依頼です。

どういう骨組みでブログを書いたら良いのか?や、タイトルの添削、ブログの中身の添削など非常に細かくフォローして頂いているので、これが無償だと逆に申し訳なさすぎてケツからゲボが出そうです。

費用は1ヶ月4万円、3ヶ月は最低で契約する必要があるため、合計12万円です。

とらべるじゃーなさんから許可が下りたので、ブログコンサルティングの明細を記載します。

見積額明細(1か月の費用)

条件:原則3カ月継続(効果を出すために望ましい期間です)

合計額:月4万円(税込、振込の場合振込料を除く)

経費明細(1か月):
・コンサルティング(面談、都内) 目安3時間 1万円
・コンサルティング(電話) 目安1時間 5千円
・サイト分析とフィードバック(ツール料経費含む) 5千円※
・記事設計添削1回 5千円※
・記事ライティング添削1回 5千円※
・質問対応(目安10回) 1万円

上記はあくまでも最低限の目安です。
例えば、コンサルティング(面談、都内)は目安3時間となっていますが、10月だけで20時間くらいは割いてもらっています。 

なので、とてもありがたいな〜と思っていますし、いち早く成果をあげられるように頑張らなければいけないな!と感じています。

 

確かにお金はかかりますが、ツイッターをやっていると、「無料で○○を教えてください!」「××するにはどうしたらいいんですか?」というDMをよくもらうのですが、個別に対応していると面倒なので、全部無視しています。

ぼくは人の時間を無頓着に奪って、自分さえ良ければなんでもいいと思う人が凄く苦手なんですよね。

過去にぼくがツイートした内容は「from:late_hirose 検索したい単語」で簡単に検索できますし、ぼくのブログに記載されている内容も検索すれば簡単に出てきます。

こんなことすらせずに、いきなりDMを送ってくる神経が理解できないんですよね。

あ、もちろん相互フォローだとか、リアルで会ったことがあるだとか、特別な信頼関係がある上での話だったら別です。

ただ、ツイッターを見ていると、大した信頼関係も築けていない状態で、相手の時間を奪うこと一切気にせず、自分が気になることを質問攻めにするアカウントが多いのも事実です。

なので、ブログをコンサルティングして頂く対価として、躊躇せずにお金を払うことにしました。

当たり前です(笑)。

ナンパ界隈、恋愛工学界隈を見ていると、タダで何かを教えてもらおうという意地汚い人が多く見受けられますが、本気で教えてほしいのであれば、「お金払うので教えてください」と言ったほうがいいですよ。

 


 

 

ブログコンサルティングって何をしてもらえるの?

吉田うどん

山梨で有名な吉田うどん

ブログの基本的な書き方や、ブログを書くにあたって重要な考え方など基礎的な内容から、実際に自分が書こうとしているブログについての相談まで、ブログに関することならなんでも相談に乗ってもらっています。

カリキュラムの具体例としては、下記が挙げられます。

とらべるじゃーなさんのブログコンサルティングのカリキュラム

とらべるじゃーなさんのブログコンサルティングのカリキュラム

これ以上の詳細はブログコンサルティングの中身が漏れてしまうので、興味がある人はとらべるじゃーなさん本人に直接聞いてみてください。

また、ブログコンサルティングの様子はこちらの記事にも記載されているので、よろしければご覧ください。

色々と教えて頂くことが多かったのですが、一番勉強になったのはとらべるじゃーなさんの取材旅行に同行できたことだと思っています。

旅行ブログで生計を立てている彼が、どのようにして記事を書こうとしているのか?何の写真を撮るのか?写真を撮る際にどのような気配りをしているのか?など、細部まで横でみられたことがいちばんの収穫でした。

 

 

ブログコンサルティングを受けてみてどうだった?

結論から言うと、ブログコンサルティングを受けてみて非常によかったと思っています。
なぜなら、ネットでは探しても出てこない情報ではあるものの、非常に有益な情報を聞くことができ、早速ブログのアクセスアップに繋がったからです。

例えばですが、これまで500記事くらいブログを書いてきて、1度しか載らなかったGoogle Discover(通称:Google砲)に短期間で2度掲載されました。

まだブログコンサルティングを受け始めて1ヶ月めですが、こんなに短期間で目に見える結果が出るのはとても嬉しいことですし、ブログコンサルティングの依頼を行って良かったと思っています。

今の時代、ほしい情報はインターネットを探せば出てくるのが当たり前…と思っているかもしれませんが、ブログのように日々アップデートされていくジャンルの情報って、ネットに出回っている時点では古くなっており、役に立たないなんてこともよくあるんですよね。

ぼくもネットに転がっている無料の情報や、ブログに関する書籍を基にブログを書いていましたが、ネットに掲載された時点や本に載ってしまった時点で内容が陳腐化し、役に立たなくなっているものが多いと感じました。

例えば、「ブログを書くなら最低文字数2,000字は必要!」と言っているブロガーの方は多く見受けましたが、大事なのは文字数ではありません。

文字数が多くなると、○○が増えるため、文字数が必要なだけであって、大事なのは○○なんですよね。

○○が何かはあえて言いませんが、これは2,000字以上書け!と主張している人なら気付いていることだと思います。
ですが、そのことをブログで発信してしまうこと自体が競合を育てることになるので、2,000字以上とぼかして書いているんだろうなと思いました。

これはぼくがブログコンサルを受けなければ分からなかったことですし、たくさんのこと学べたので、「無知って怖いな」と思いました。

無料で出回っている情報が全て正しくないとは断言できませんが、お金を払わないと知ることすらできない情報が世の中には存在するんだな〜と改めて実感しました。

ぼくはnoteというサービスに肯定的で、自分自身でnoteを発行したり、見ず知らずの人のnoteを買ったりしています。
中には無料情報のまとめnoteだったり、1を100と書いているnoteがあったりするのも事実ですが、お金を払って購入して良かったと思うnoteが沢山あるのも事実です。
秘匿性の高い情報に関しては、お金を払っても購入する必要があるなと改めて感じました。

また、今回は合宿(ホテル・旅館泊まり込み形式)でみっちり教えていただきましたが、必ずしも合宿形式でのブログコンサルティングが提供されるわけでなく、カフェスペース等が基本となります。 

※ブログコンサルティング受講生が女性の場合はこの限りではありません

※必ずしも合宿形式でのブログコンサルティングが必要になるわけではありません

 

 合宿の様子はこちらのツイートを参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

これからも、より役に立ち、より読みやすいブログになるよう更新を頑張っていきますので、何卒よろしくお願いいたしm何卒よろしくお願いいたします。


 

タイトルとURLをコピーしました