Twitterはこちら

気が付いたらブログが400記事を超えていたので、つらつらと振り返ってみる。

この記事は約4分で読めます。

ãç®ã«ãã¨ã¾ããªã¬éãã§ã¿ã¤ãã³ã°ï¼ç§é10æå­ï¼ã 

2018年の1月から割りと本格的に始めたブログも、今では2年目に入りました。

 

特にブログを続けなければ!という強迫的な観念はなく、書きたいことを書きたいように書いている感じです。

 


 

今日も月末の追い込み!ということで、1日に6記事を書きました。

※この記事を含む。

f:id:Re_hirose:20190131233522p:plain

英語

いや、まあなんか普通に今日は仕事がありましたけど。

家に帰ってきたのは20時過ぎですけど…という感じです。

 

ブログを書く時間を得る代わりに、家の掃除とか、洗濯物をたたむ時間とか、そういった時間がむしばまれているような気がします。

 

ただし、睡眠時間は確保をするようにしていて、なんとか一日6時間は寝ています。

基本的に、書きたいことを書いているブログなので、特に苦はありません。

 

というのも、サラリーマンである程度安定した収入があるので、「ブログで俺は食っていくぞ!」と一念発起する必要がないんですよね。

 

ブロガー界隈の方々は、「サラリーマンを辞めて退路を断って、ブログだけで生きていく気持ちが重要!」と言いますが、ぼくはそうは思いません。

 

むしろ、背水の陣は無謀なだけだと感じていますし、生きていく、稼ぐことに気持ちなんて必要ないと思っています。

むしろ、気持ちがないとできないのであれば、それは二流以下だと思いますよ。

 

だってぼくはサラリーマンで、9-19半まで働いたのに、6記事書いてますからね。

 

別に特に深い気持ちや理由はなく、月間31記事(31日まである月は)という目標を立てたので、それに従って記事を書いているだけです。

 

ここには熱い思いとか気持ちはぶっちゃけ特になくて、決めたからやるというシンプルな話です。

 

大学生を辞めるだの、ブロガーになるだの、新卒フリーランスだのと言った、「苦労せずに楽してお金を稼ぎたい」という若者が増えているようには思いますが、サラリーマンをやりながらでも月に31記事は書けますし、それ以下の記事数しか書けないブロガーさんは反省した方がいいとも思ってます。

 

まあ、もちろん作業量がすべてではなく、ブログに関してはどれだけアクセスが伸びるかとか、はてなブログだったらどれだけはてブがつくかとかが重要ではありますが、自分でコントロールできる目標でないとなかなか達成するのが難しく、途中であきらめてしまいがちなので、ぼくは1日1記事を頑張ってます。

 

いや、頑張ってますってのも語弊があって、やるって決めたからやってるだけですね。

 


 

 

 

 

400記事書いて分かったこと

記事を書くのが苦でなくなったのと、文章の量が安定してきたのと、作業効率があがるようになりました。

 

もともと記事を書くのは苦ではなかった方だとは思いますが、それでも始めた頃は右も左も分からないとは言いすぎですが、「何を書いたらいいんだろう?」と思うことは多かったです。

 

でも400記事くらい書いてみると、すらすら書けるようになりました。

まぁ、今回の記事は割と思ったことをすらすら書いているだけなんで、あんまり役に立たない記事なんじゃないかなと書きながら思っています。笑

 

続いて、文章の量が安定してきたという話ですが、ブログ初期のころはツイートを張り付けるだけの記事もあったり、2000字を書くのもやっとの思いで書いていたりと、かなりブログの更新に手間取っていた記憶がありますし、過去の記事を見てもらえれば分かります。笑

 

しかし、今はようやく、ようやく2000字はなんとか超えられるようにはなったし、気が付いたら2000字を超えているなんてこともざらにあります。

 

まぁ、一概に文字数が多い方がいいわけではないんですが、内容がスッカスカすぎても見てもらう人に悪いなと思うので、ある程度文字数は多くしていきたいとは考えています。

 

しかし、料理系の記事とか行ってきた系の記事は端的に写真をぺちぺち貼って、感想を簡単に書く方が見やすくていいのかなと思ってます。

 

作業効率に関しては、1日6記事をサラリーマンをやりながら書いてるわけですから、効率は”上がった”という他ないかなと考えています。

 

もちろん、記事に時間をかけてより良いものを作るべきだとは思ってはいるのですが、サラリーマンをやりながらだとなかなか難しいというのが現状です。

 

かといって、ブログのために会社員を辞めると、エッジの効いた会社ディスであったり、転職の記事が書けなくなってしまうので、そこは考え物だと思ってます。

 

 

個人的には、サラリーマンで得られた知識やら経験やらを、惜しむことなくブログに投下していくことによって、ブログの質は上がり、ブログを読んでもらう人のためになっていくのかな、なんて思っています。

 

ちょっとよく考えればわかることですが、家に引きこもってブログだけ書いてる人のブログって多分面白くないと思うんですよ。

 

だって、ネットサーフィンで仕入れた二次情報をベースにブログを書くしか手段がありませんからね。まぁ、それが引きこもりブロガーの特徴でもあるとは思うんですが。

 

ぼくはそれをやっていると気が滅入るということがわかったので、定期的に外に出ないとダメですし、ただブログを更新すればいいというわけではなく、やっぱり読んでもらう人のためにならなきゃねと思うので、金と時間をしっかりかけて、よりよいブログの運営に努めていきたいと思います。

 

じゃ、今日は6記事書いて疲れたんで、これくらいで!

 

関連記事

www.no-more-inaka.com

 


 

タイトルとURLをコピーしました