Twitterのフォローお願いします!

社会人3年目の転職活動について~2.転職活動詳細~ ③転職開始3,4週目(4週目でラスト)

 

長くなりましたが、今回で2.転職活動詳細が終わります。

 

3,4週目について進んで参りましょう!

 

3,4週目は、面接9割応募1割でした。

あくまでも応募し続けているのは、絶対に受かる確証がないからです。

私の場合は二次面接に進んだ企業は辞退でもしない限りは最終面接に進み、最終面接も通過しました。

ただ、それが絶対ではないですし、絶対ではない以上、持ち駒はあるに越したことはありません。

内定をもらえた時に他社の選考を辞退するのと、内定がもらえなかったときにまた1から企業に応募し始めるのでは、どちらの方が早く転職が進むでしょうか。

また、どちらの方が精神的に楽でしょうか。

「また最終面接で落ちてしまった。また1から転職活動を始めないと…」

「最終面接で落ちてしまったけれど、まだ10社も面接が残っている。次こそは内定をもらおう。」

 

断然、内定をもらえた時に他社の選考を辞退する方が、早く転職できますし、精神的にも楽な状態で転職を進められますよね。

転職活動も恋愛と同じだなあと思うのですが、付き合う前に付き合った後のことを想像しても、付き合えなかったら何の意味もないんですよ。

むしろ時間がマイナスになる。

なので、どんな状況でも、確証が得られない限りは応募する必要があると思います。

 

応募のやり方については前回触れたとおりなので、今回は転職のいったんのゴールである、最終面接突破と地方からの宿泊について書いていきます。

 

まずは、地方からの宿泊についてです。

最終面接ともなると、本社で社長ととか偉い人と面接しなければなりません。

そのため、飛行機をとって宿をとる 必要が出てきます。

 

宿に関してはBookingというサイトで取得しました。

Booking.com: The largest selection of hotels, homes, and vacation rentals
Whether you’re looking for hotels, homes, or vacation rentals, you’ll always find the guaranteed best price. Browse our 2,543,592 accommodations in over 85,000 ...

↑上記URLから新規登録をすると、皆さんも2,000円オフのクーポンがもらえて、

私も2,000円オフになります。

 

宿の検索がしやすいのと、料金が決め手で、頻繁に使ってました。

他の宿紹介サイトだと、サイトに手数料払わないといけなくて、それが面倒なんですよ。

ただ、公式サイトのが安いサイトも中にはあるので、そういう場合はBooking.comでホテルを検索→安いホテルの公式HPから予約

という手順をオススメします。

 

続いて飛行機に関してですが、飛行機が若干面倒です。

飛行機は、空の最安値でもスカイチケットでもいいのですが、安い便を探します。

 

空の最安値【CM放映中!航空券検索】 – トラベルjp

skyticket.jp

 

次が重要なのですが、安い便を公式サイトで探してください。

例えば、Jetstarが一番安い!となったらJetstarのサイトで同じ便を探すのです。

なぜかというと、不動産と同じで仲介手数料をサイトにとられるから。

5分の手間で500円くらい変わるので、公式サイトから予約をしましょう。

その点、Booking.comは手数料とらないから嬉しいですね。

 

さて、次がいよいよ最終面接突破についてです。

最終面接に進んだ企業は2社あって、2社とも内定はもらいました。

 

何をしたのかというと、とにかく引っ張れる情報は引っ張ってくる。

ということです。

2社のうち1社はエージェント経由の紹介だったので、エージェントからどういった話をよくされるかとか、ひたすら聞いて対策を行いました。

もう1社は人事と連絡をとりまくって、最終面接で何を聞かれるか、受かる人はどうやって受かっているかを聞き出しました。

意外と聞いたら教えてくれるもので、「資料を作ってプレゼンしていました。」「熱意のある人は採りたいと思われやすいです。」とのことだったので、パワポで資料を作ってプレゼンをしました。

この辺は会社によって色が分かれる所だと思うので、これをやれば絶対受かる!というような話はないと思います。

ただ、採用担当と仲良くなって聞き出せることを聞き出して対策を十分にした上で面接に臨めば、受かる可能性も上がるのではないかと思ってます。

プレゼン資料に関して言えば初めての試みだったので、やりすぎなんじゃねえか?逆に引かれたりしないのか??と思いながらも全力で作った記憶があります。

前の会社の仕事の時間に。

すみませんでした。

 

 

 

 


 

タイトルとURLをコピーしました