転職

スポンサーリンク
田舎

田舎に転勤になり、「田舎で一生を終えるのは、つまらない人生だ。」と思い、転職に踏み切った話

ヒロセは2016年5月から、2017年の7月まで、転勤で北海道にいました。 最初の約1年は札幌で、残りの1ヶ月は旭川に住んでいたのですが、田舎特有の「休日に何もできない病」が発症し、旭川に転勤後、1ヶ月で転職したのです。 もちろん、...
2020.01.16
転職

足るを知る

転職活動の面接を受けてきた。 第一志望群のコンサル企業の面接だったのだが…   // 直面する、知識と経験の不足 そこまで知識と経験を大事にするなら、職務経歴書を見た時点で落としてくれれば良かったのに…と思うレベ...
2019.12.28
転職

転職活動に疲れたので、休止してましたが、再開しました。

2019年の1月に始めた転職活動ですが、2019年の7月をもって、一旦休止することにしました。 理由としては、「このまま転職していいのか?」という問いに対して、「絶対に転職すべき」と自信を持って回答できないからです。
2019.12.28
転職

地方転勤制度に耐えきれず、社会人3年目で転職した大卒のリアルな転勤・転職話

  // ぼくは、社会人2年目で地方転勤になり、東京から札幌へ引っ越しました。 また、札幌に転勤してから1年で、旭川に転勤になりました。 もともと東京で働きたいと思い、東京に本社がある企業に就職したため、東京以外の...
2019.12.04
大企業

日系大企業における転勤の実態について語る

  // 転勤が嫌で新卒で入社した日系大企業を2年弱でやめ、都内に本社のある外資系企業に転職したヒロセと申します。   www.no-more-inaka.com     今回の記事では、日系大企業でどのように転勤させられるのか?と...
ちょっと役に立つ話

幼少期の成功・失敗体験が今の自分の選択を後押ししているのかもしれない。

哲学めいた話になると、きまって長電話をする女性がいる。 ツイッターで知り合った女性で、名前を公開すると怒られる(笑)と思うので伏せていくが、毎回電話をする度に学びがあって非常に面白い。   彼女曰く、「広瀬さんは自分で意思決定を行っていて...
田舎

地方転勤で田舎に転勤になり、耐えられなくなったときすべきたった1つのこと

やぁ。 君も地方転勤経験者かい?   ぼくもだ。   ぼくも、地方転勤を1年1ヶ月の間に2回経験した。   まず1度目は人口100万人の県庁所在地に転勤になったんだ。 ここまではまぁなんとか許せる範囲だった。   ところが、次に転勤になっ...
転職

転職して3ヶ月が経ったので、転職前後の良い所と悪い所を比較してみた

2017年の8月31日に前社を辞め、同年9月1日に現在の会社へ入社した。 入社初日は大した仕事もしなかったけれど、初めて会う人ばかりで、家に帰ったらどっと疲れたていたことを今でも思い出す。   今でもたまに、前社で仕事している自分を夢で見る...
転職

営業から未経験の商品企画に転職した感想

2017年の9月に営業の仕事から商品企画の仕事に転職して、丸2年が経ちました。   転職において会社だけでなく、職種も変えてしまうのは一般的ではありませんが、営業から商品企画の仕事に変わって、超ホワイトな生活を送っています。 どれくらいホ...
転職

今すぐ転職しなくても、キャリアカウンセラーとの面談は必要だと感じた。

dodaというエージェントサービスを利用した転職活動を始めました。 第一弾では、何故このタイミングで転職活動を始めたのか?について書きました。   www.no-more-inaka.com   今回は、実際にdodaを利用してエージェン...
田舎

地方転勤のメリットについて死ぬ気で3つ考えてみた。

    地方大嫌いの広瀬です。   今回は、地方転勤のメリットについて死ぬ気で考えてみました。 なぜならぼくは地方転勤が嫌で日系の大企業をやめたからです。   死ぬ気にならねえと地方転勤のメリットなんて考えらんねえよ…。   // ...
田舎

社会人3年目の転職活動について~2.転職活動詳細~ ③転職開始3,4週目(4週目でラスト)

  長くなりましたが、今回で2.転職活動詳細が終わります。   3,4週目について進んで参りましょう!   3,4週目は、面接9割応募1割でした。 あくまでも応募し続けているのは、絶対に受かる確証がないからです。 私の場合は二次面接に進んだ...
転職

ぼくは転職をしようと思う~社会人4年目 2回目の転職活動~

  とうとうこの時が来てしまった。   The bells have rung, the time has come.   頭の中で流れる曲は、HYDEのEVERGREEN。 もうね、時が来てしまったんですよ。転職を考える。 転職とい...
転職

「うわっ…私の年収、低すぎ!?」→自分の市場価値を確認すべく"MIIDAS"に登録した。

転職してまだ1年経ってませんが、   自分の提供する労働力の価値   をしっかりと把握した上で一日一日をすごしていきたい。   そう思ったので、MIIDAS(ミーダス) というサイトに登録してみた。   25歳の社会人4年目にもなると、...
社会人4年目、2回目の転職活動

社会人5年目なのに「第二新卒」というレッテルを貼られてしまう現象について

  私は既に一度転職をしているので、第二新卒ではなく、第三新卒じゃねーか!と心の中で突っ込んだ。   先日、コンサルの面接を受けてきた。   www.no-more-inaka.com    普通に受け答えをしているだけなのに、身ぐるみを...
仕事

会社でマーケティング統括部長が「ツイッター?商材ごとにターゲットの年齢層が違うから、会社全体でアカウントつくって運営する意味なくね?」と言い出したので、転職活動を始めました。

  もしこのブログが会社の人に届いてしまい、 ブログを書いたこと自体を叱責され、例え職を辞そうとも、 このブログを書いたことに後悔はないと、胸を張って言えるでしょう。     //   これは今日の話なのですが、   会社で会議が...
どうでもいい話

若手がやめる原因は、職場のオッサンが使えないからだ。

※2019年6月29日更新   こんにちは、 今日も職場でオッサンの扱いに悩まされている広瀬です。   ぼくが言う”オッサン”とは、2018年に40~50歳くらいの人です。 年齢的に結婚して子どももいて~という人が多いです。   今回は現...
転職

会社・仕事を辞める最適なタイミングは、自分が最高のパフォーマンスを発揮している時期である

地方から東京に転職した広瀬ですが、 会社・仕事を辞めるタイミングは明確にこの時期にしよう!と考えていました。   なので、そのチャンスが巡ってくるまで虎視眈々と仕事に励んでいたんですよね。   では、そのチャンスとはいつか?という話なんで...
転勤

社会人3年目が転職を決意した3つのタイミング

社会人4年目になりました、広瀬です。 今回はぼくが社会人3年目で「あ、これは転職しないとヤバそう…」と思ったタイミングについてお話します。   ぼくは今、社会人4年目ですが、社会人3年目に転職をしました。   社会人3年目の転職というと、 ...
社会人4年目、2回目の転職活動

転職エージェントのアタリとハズレ~アタリが出るまで根気強くガチャをひこう~

  2019年の1月からダラダラ続けている転職活動ですが、かれこれ30人以上の転職エージェントとやり取りをしました。   そこで気づいたのが、転職エージェントにもアタリとハズレがあり、アタリが出るまで根気強くエージェントガチャをひき続けな...
仕事

仕事が辛くなったとき、会社にいづらくなったときに転職サイトに登録すると、「今いる会社以外でも働ける」ことを実感できる

これは私が地方に転勤していた頃の話です。   私が転勤になった地方は、実は同期が0。 で、文字通り孤独な転勤生活でした。苦笑   他の地域だと4~10人くらいでわちゃわちゃしながら転勤生活を楽しんでいるわけですが、   私が転勤になった...
仕事

大企業での仕事は名誉ある高額バイトに過ぎない。

  // 転職して8ヶ月が経ちました。   no-more-inaka.hatenablog.com   日系大企業から外資系企業に転職し、今は商品企画の仕事をしています。   8ヶ月働いていて思うのは、「大企業の仕事って名誉ある高...
転職

会社を辞めていく人、会社から辞めさせられる人

先日、「お世話になった女性の先輩が退職する」というエントリを書いた。   www.no-more-inaka.com   「俺も転職しようとしてるんだけど」という心の声を押し殺し、「転職先での活躍も楽しみにしています!!」と明るく見送った...
仕事

前職の同期と飲んだけど、入社して3年が経つと辞めていく人が多そうだった。

  // 昨日、前職の同期と数か月ぶりに飲んだ。 彼とは長い付き合いで、リアルで友達と呼べる人間は彼くらいなのかもしれないと思っている。     // 馴れ初め   就職活動の面接で知り合った。   某Rから始まる人材...
社会人4年目、2回目の転職活動

転職エージェントを使うなら、中小企業じゃなくて大手企業の転職エージェントが良いと思った話

ぼくは今ちょうど人生で2回目の転職活動をしています。   そんな中、やれることは最大限やってやろうと、中小企業や大手企業問わず色々なエージェントの人から求人を紹介してもらっています。   しかし、その過程で中小企業のエージェントたちは、「...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました