いつまで田舎にいるの?

地方に転勤して1年で転職して東京に戻ってきた社会人3年目のブログ

仕事

「働く」について考える

転職して半年が経ち、1年が経ち、働くことに慣れてきた。 働くことに慣れるというのは、会社で行う業務を覚え、効率が上がったということ。 そして、残業時間も毎月20時間を超えることはほぼない。 遅くとも19時、基本的には18時に帰宅し、そこから自分のPC…

社会人4年目が転職前の元上司に会って感じたこと

最近転職前の元上司に会った。 いざ転職をしてしまうと、 転職に対してネガティブに何かを言ってくる・・・ ということはなかった。 「今やめても、今以上にいい会社には入れないぞ」 「ちゃんとした企業には転勤がつきもので、みんな我慢してサラリーマンをや…

電通を変えるには、クライアントも変わらなければいけないのでは?

違法な長時間労働によって人が亡くなるというのはけっして他人事ではなく、 サラリーマンとして働いている人間とは切っても切り離せない問題である。 ぼく自身、前職では40時間/月 という残業は当たり前だった。 40時間を下回ることは、2年弱働いていて1月も…

バカは死ぬまで治らない~日本の労働観について、平成が終わる頃にようやく異議が声高に唱えられるようになった~

当たり前だと思っていたことが、当たり前でなくなりつつある。 先日、こんなニュースが目に入ってきた。 「最初の仕事はくじ引きである」新卒配属ガチャ問題をどう乗り越えるか? | BUSINESS INSIDER JAPAN これ、過去に書いた記事そのまんまですね。 www.no-m…

大企業で地方転勤になり、”ヤバい社員”に囲まれて生きづらかった話

先日Twitterでこんな話をした。 本を読んでても誰も嫌味を言ってこない職場なのは助かる。前職で地方で働いてたときは本を読んでると、「へ~偉いね本なんか読んじゃって!俺なんて中学の教科書以来、本なんて読んでないよ!」ってナチュラルな嫌味が飛んで…

前田裕二さん(@UGMD)の『人生の勝算』を読んだらまだまだやれると思えた。

今回はタイトルにもありますが、 前田裕二さん(@UGMD)の『人生の勝算』を読んでの感想です。 Kindleでハイライトした箇所を中心にお届けしたいと思います。 // 既にビジネスの才覚を表していた前田さんの少年時代 ぼくが友達に誘われたサッカーを始めたの…

営業の仕事は黙ってモノを売ること。売れないモノを努力して売るのが営業の仕事です。

毎週月曜日、定例の会議がある。 先週の実績を振り返るのだが、いい加減生産性のない会議内容に飽き飽きしていた。 以下、リアルタイムなツイート。 営業は物を売ることだけ考えろ!売れない理由を考えて、売れないことを正当化するんじゃねえ!!と会社の会…

『1440分の使い方』は仕事の効率を上げたい人にオススメ。

今回紹介する本は、 1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣 というビジネス本です。 1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣 (フェニックスシリーズ) posted with ヨメレバ ケビン・クルーズ パンローリング 2017-08-12 Amazon Kindle 楽天…

商品企画担当サラリーマンの憂鬱

仕事の話を書くのは、下記記事に続いて2回目です。 今回は仕事の嫌な点にフォーカスしました。 www.no-more-inaka.com 今回は、商品企画担当サラリーマンの憂鬱というタイトルで、 文字通りうわ!クソだな!! と思うところをつらつらと書いていきます。 ぼ…

若手がやめる原因は、若手のメンタルが弱いのではなくて、職場のオッサンが使えないからだと思う。

こんにちは、 今日も職場でオッサンの扱いに悩まされている広瀬です。 ぼくが言う”オッサン”とは、2018年に40~50歳くらいの人たちとしましょう。 そんなオッサンに対するイメージは下記ツイートです。 // 今日本ではたらいてるオッサンは、高度経済成長期と…

大企業での仕事は名誉ある高額バイトに過ぎない。

// 転職して8ヶ月が経ちました。 no-more-inaka.hatenablog.com 日系大企業から外資系企業に転職し、今は商品企画の仕事をしています。 8ヶ月働いていて思うのは、「大企業の仕事って名誉ある高額バイトだったなぁ。」ということです。 初めに言っておくと、…

社会人4年目ですが、まだまだだなぁと思いました。

// こんばんは、広瀬です。 今回は真面目に仕事の話をしたいと思います。 いや、いつも真面目ですけどね? 社会人4年目、初めて仕事でモデルさんと対峙する 対峙するというと明らかな誇張表現であり、確実に言えるのは、 向こうからすると眼中にない。 とい…

前職の同期と飲んだけど、入社して3年が経つと辞めていく人が多そうだった。

// 昨日、前職の同期と数か月ぶりに飲んだ。 彼とは長い付き合いで、リアルで友達と呼べる人間は彼くらいなのかもしれないと思っている。 // 馴れ初め 就職活動の面接で知り合った。 二度目の出会いは内定先のインターン。 三度目の出会いは配属部署 入社し…

サラリーマンの話でもしようと思う。

こんばんは、広瀬です。 最近はサウザーさんやイケハヤさんの影響で、 「自分の商品を持つ」ということの大切さを学んだ広瀬です。 とは言え、ぼくはただのサラリーマンですから、 自分の商品を売って生計を立てているわけではありません。 あんまり触れてこ…

サラリーマンをする上で”役に立たなかった本”をあえて3冊紹介する。

今回はハズレた本を紹介していきたいと思いますね。 実際に買って、読んで、うわ!外れた!!と思う本です。 気になる本があっても、Amazonですぐポチらず、 本屋で立ち読みして、必要かどうか見極めてから買うのをお勧めします。 ①ビジネスエリートの「これ…

「君たちは選ぶことが出来るんです。 自分は不運だからといって、何もせず指をくわえている側になるか。それとも、自分が世界を変える側になるか。 さぁ、どっちを選ぶ?」

今回はリッチマン・プアウーマン1話の感想です。 1話の概要 1話では、下記の流れで話が進んでいきます。 ・ネクストイノベーションについての紹介 ・澤木千尋の就職活動 ・ネクストイノベーションの企業説明会 ・澤木千尋の才能が買われて、一時的にネクスト…

大企業で一番楽しかったのは、研修の時なんじゃないかと思う。

4月1日…なんと今日は日曜日です。 今年社会人になる方はおめでとうございます、いきなり1日が休みですね!! さて、今回は大企業で一番楽しかった「研修」について懐古していきたいと思います…。 まぁ、何が言いたいかというと、楽しんでください。 楽しかっ…

社会人3年目が終わったので

こんにちは、広瀬です。 今日で社会人3年目も終わりですね。 いやー早かったです。本当に。あっという間に社会人3年目も終わりじゃないですか…。 今年度は何といっても、「転職」という決断をしたことが一番大きい出来事でした。 4記事も転職について書いて…

【先人の屍を超えて行け】ただの社員は会社を辞めることでしか、会社の間違いを正せないのかもしれない。

先日、前職のときにお世話になった上司からメールが届いた。 お久しぶりです。 元気で頑張ってますか?? 東京は桜が見ごろだそうですが、こっちはようやく雪解けです。 そろそろ新しい職場での仕事にも慣れてきたころでしょうか? 大変なことも多いと思います…

クソな上司に悩まされているTwitter民の反応をまとめました。

こんばんは、広瀬です。 今回は下記Tweetに対する皆さんの反応をまとめていきたいと思います。 本当は個別にリプライを返していきたかったのですが、量が量ゆえご容赦頂けると幸いでございます。 就活する人、転職する人に伝えたいのは仕事が楽しいかどうか…

大企業にはメンターになるような人はいなかったという話

おはようございます。広瀬です。 今日は先ほどお聴きした広瀬隆雄さんのVoicyを聴いて、自分にはメンターと呼べるような人がいたかどうか…いなかったなという話をしたいと思います。 大企業にいた時、研修のときと配属後で、計5~6人くらいメンターと呼ぶ対…

見落とされがちな大企業のメリット3つ

おはようございます。広瀬です。 どの時間帯にブログを執筆するかは悩みの種なのですが、結論朝に執筆した方が頭が回るのではないかなと思ってます。前書いた記事で思いっきり本のタイトル名を間違えたものがありまして。笑 確かそれ、夜遅くに書いた記事だ…

「自分はどうしたい」がないと、仕事は楽しくないという話

今回は仕事の話です。 いつも「会社のマーケティングがクソ」という話をTwitterでもしていますが、本当にクソだなと今日思いました。 そう言えば「うちは外資なんだから、上下関係なんて気にすんな!言いたいこと言え!!」って部門長に説教されたので、弊社…

就職活動や転職活動で悩んだときに是非読んで欲しい『Zero to One 君は0から何を生み出せるか』

こんばんは。広瀬です。 最近今年の1月に買った本をようやく読み終えることが出来ました。 ZERO to ONEを読み終わった。リッチマン・プアウーマンに激しく感銘を受けたぼくには、非常に刺激になると言わざるを得ない良書。就活や転職活動をしている人には是…

芝桜が散った頃

2017年の話。 このころはまだ前の会社で日々を忙しなく過ごしていた。 ちょうど芝桜が散った頃だった。 転勤の辞令が出て、地方都市から更に地方都市へ。 前の会社にいる以上は仕方のないことだというのは重々承知していた。 しかし、東京から段々と離れてい…

日系大企業から外資系企業に転職して半年で分かった2つのこと

こんにちは、広瀬です。あんまりアイキャッチ強めなタイトルは好きじゃないんですが、今回は試験的にやってみました。 さて、早速ですが、日系大企業から外資系企業に転職して半年が経ちました。そこで、分かったことを書いていきたいと思います。 就職活動…

仕事における意味のある無駄と意味のない無駄

先日イケハヤさんのVoicyで、判子は意味のない無駄という話があがっていた。 押印を求める会社とは仕事をしません。 - イケハヤ#Voicyhttps://voicy.jp/channel/585/15301 イケハヤさんのVoicyは勉強になることが多いので、この回以外も是非聞いてみてほしい…

2社目の選び方と1社目で感じたこと

今回は2社目(転職時)の企業の選び方と1社目(新卒時)で感じたことという内容で書いていきたいと思います。 まず1社目ですが、それなりにネームバリューのある企業に入社しました。 というのも社会に出る前って、自分が通用するかどうかって分からないじゃ…

モチベーションで仕事のパフォーマンスが変わってはダメという話

ふと今日、普段ならやる気がないなと思う部署の人たちがめちゃくちゃ前のめりで仕事をしていることに気が付いたんです。 あれ?そんな人たちだっけ、と。何か裏があるんじゃないかなと思ってしまうわけですよ。我ながら性格が悪いですね…。 すると、どうやら…

フレックスですら適切に運用されないのに、裁量労働制なんてもっと適切に運用されるわけがない。

仕事の話をするのが好きだなと毎度のことながら思うわけですが、今回も仕事の話です。その中でも、フレックスという制度について焦点を当てて書いていきたいと思います。 前職時代にはフレックスという、誰が考えたのかは分からないけれど、極めて便利な制度…