いつまで田舎にいるの?

日本を代表する大企業でのお先真っ暗な地方転勤に嫌気が差し、外資系企業に転職して東京から出ようとしない社会人4年目のブログ

会社を辞めていく人、会社から辞めさせられる人

f:id:Re_hirose:20190518141740p:plain

先日、「お世話になった女性の先輩が退職する」というエントリを書いた。

 

www.no-more-inaka.com

 

「俺も転職しようとしてるんだけど」という心の声を押し殺し、「転職先での活躍も楽しみにしています!!」と明るく見送った。

 

思えば、10数人の部署なのに、自分が入社して2年経たない間に3人もの人がやめている。※3人のなかには上記女性の先輩も含む。

 

しかし、辞めていく人もいれば、辞めさせられる人もいるのだなあと痛感した。

 

 

 

続きを読む

サラリーマンは本業を頑張れというけれど、それは理系技術職に限った話だよね

ããã¨ã¿ çµèº«éç¨ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

トヨタの社長が「終身雇用難しい」と発言をしたことで、色々な人が今後の日本でどうやってサラリーマンを生きていくか?という話をしている。

 

敢えて言うなら、昨今副業「ブーム」がやってきて、サラリーマン+αの収入を持つ人が増えてきている印象を受ける。

かく言うぼくも、一応ブログを「副業」と位置付けて更新しているくらいなので、「副業ブロガー」の人も増えてきているんじゃないだろうか。

 

そんな中、「副業を頑張っても大したスキルが身につかないから、本業でスキルを身につけよう」と主張する人を何人か見た。

 

言っていることは確かにごもっともなのだが、彼らはきっと理系技術職なんじゃないかなと思う。

理系技術職であれば、恐らく自分の専攻と紐づく職種に就き、その職種を極めていくというのが理系サラリーマンにおける模範的な出世の仕方なんだと思う。

 

しかし、文系総合職はどうだろうか?

 

続きを読む

職場でお世話になった女性の先輩へ「お花の入浴剤(バスフレグランスソープ)」をプレゼントすることにした。

f:id:Re_hirose:20190512151301p:plain



転職活動真っ最中のヒロセですが、職場でお世話になった女性の先輩が転職されることになりました。

 

「え、ちょっと待って。俺も転職しようとしてるんだけど?」

 

という心の声は閉まったままにしておき、「今までお世話になりました。いつもサポートして頂いて本当にありがとうございます。独り立ちできるか不安ですが、精いっぱい頑張るので、先輩も頑張ってください!」と涙ちょちょぎれるスピーチをしました。

 

が、なぜだか退職される方から逆にプレゼントをもらってしまったんですよね。

 

うーん、これはお返しをしないと。

 

 

ということで、土曜日の昼下がり、美容院で髪を切った後に有楽町をプラプラ歩いていたら、「お花の入浴剤(バスフレグランスソープ)」を見かけたので、「こいつはピッタリだ!」と思って即購入しました。

 

 

 

  • プレゼントの選定基準
    • ①もらったプレゼント金額的に大きな差異がない
    • ②消費できる実用的なモノ
    • ③相手の好みに左右されないモノ
  • 購入したお店

 

続きを読む

口説くためだけに作られたバー ”the PRIVATE LOUNGE(赤坂)”に行ってきた感想

f:id:Re_hirose:20190512012914j:plain





5月10日(金)にオープンした、the PRIVATE LOUNGE(赤坂) に行ってきました。

 

結論から言うと、「口説くためだけに作られたバー」です。

今回は行ってきた感想を書いていきたいと思います。

 

  • 5月10日(金)にオープンした、the PRIVATE LOUNGE(赤坂) に行ってきました。
  • 入り口
  • ソファー席(3,000円)
  • 絶対頼んでほしいラブショット
  • 店内の写真
  • お店のコンセプト
  • 席の紹介
    • ソファーベッド席(10,000円)
    • 半個室席(5,000円)
  • カウンター席(無料)
  • アクセス
  • BARの次に行くべき場所 

 

続きを読む

「女だけが金がかかる」時代は終わって、「男も金がかかる」時代になったのに、それでも「男に奢れ」と言ってしまう情けない女たち

f:id:Re_hirose:20190511231322p:plain


乃木坂46 10th 「何度目の青空か?」 Best Shot Version.

 

何度目の「奢り・奢られ論争」か?

数えてはいないが、ツイッターを始めて4年、毎年に1回はこの論争を見かけているような気がする。

 

  • 令和一発目の「奢り・奢られ論争」の口火を切った方
  • 美容にお金をかけるのは女だけじゃない
    • 「男だって(美容に)お金をかけている」
  • 自分のために使っているお金の負担を異性に強いるな 
  • 女がお金を出すかどうかで、男は結婚相手に相応しいかどうかを見極めている
  • あなたは男性に奢ってもらうだけの価値がある人間ですか?

 

続きを読む

どうやってオフパコするのか?という下世話な話について

f:id:Re_hirose:20190506230008p:plain

先日、ツイッターで「神奈川の童貞」を名乗る男性から、「オフパコするにはどうするのですか?」というDMをもらいました。

 

全く絡んだことがない相手に対して、名乗りもせず、いきなり自分の用件だけ伝えてくるあたりが誠に童貞らしいなと思いました。

 

f:id:Re_hirose:20190506215220p:plain

 

失礼な奴だと思ったので、「Amazonギフト券10000円分をくれたらオフパコの仕方を教えてあげる」とDMを返信したら、ブロックされました。

 

 

これだから童貞は…になるのか、他人に何かを与えられるのを待っている姿勢でい続けるから童貞なのかは分かりませんが、オフパコをしたい人がいるみたいなのでブログにしてみようと思いました。

 

2019年もなんだかんだ10人くらいとはオフパコしているみたいなので、参考になると思います。

 

 

  • ①情報発信をして、ファンを作ろう
  • ②自分から相手を誘おう
  • ③カッコよくなろう

 

続きを読む

Appleのコールセンターでの対応がクソだった~本体不良で交換してもらった機種のSIMロック解除ができない~

f:id:Re_hirose:20190506203430p:plain

 

今回は、携帯キャリアで買ったiPhoneに何らかの不具合が発生して本体交換を行った人で、かつSIMロック解除を試みても不可だった人に向けた記事です。

 

  • ①プロローグ
  • ②2019年3月 MNP前にSIMロック解除を試みるも、できない(3月下旬)
  • ③IMEIが登録されておらず、ショップでもSIMロック解除ができない(4月下旬)
  • ④いざ、Appleのコールセンターに電話する(4月下旬)
  • ⑤何を言っても「できない」しか言わない、とんでもない担当者から電話がくる
  • ⑥再度、ワイモバイルショップに行く(5月6日)
  • ⑦Y!Mobileのコールセンターに電話(5月6日)
  • ⑧Appleのコールセンターにも再度問い合わせ(5月6日)
  • エピローグ

 

続きを読む

”田舎嫌い”の原点はどこから来たのかを考える

f:id:Re_hirose:20190502181553p:plain

 

田舎(人口10万人の市)に生まれ、大学進学を機に上京し、社会人2年目で地方転勤(人口100万人の市)になり、1年後に更に田舎(人口30万人の市)に転勤になり、1ヵ月で転職して東京に戻ってきて2年目のヒロセです。

 

今回は「いつから田舎が嫌いなんだっけ?」ということを振り返ってみました。

 

ぼくには地元愛の欠片もなく、田舎に住んでいる時分から田舎が大っ嫌いでしたね。

普通はどんなに田舎が嫌いでも、地元くらいは好き、定年後は地元で暮らしたいなんて人もいるでしょう。実際にぼくと同い年の友人で、早稲田に進学した友達は、就職を機に地元の地銀にUターン就職をしました。

 

なので、けっしてぼくみたいなアンチ地元、アンチ田舎な人間が全てではないとは思っています。しかし、ぼくにとってはそれはそれは退屈な18年間だったと言わざるを得ません。なので、転職を機にUターンすることもないですし、定年後も地元に住みたいとは思いません。

 

ではなぜ、ここまで田舎が嫌いなのか?という話をブログに綴りたいと思います。

そもそもローカルライフが好きな人はこのブログを読んでいないと思うので、読者の方々には納得して頂ける所も多いんじゃないかなーと勝手に想像を膨らませています。

 

  • 田舎嫌いな理由①自分のやりたいことができない
  • 田舎嫌いな理由②選択肢が少ない
  • 田舎嫌いな理由③身近に頭のおかしい人がたくさん潜んでいる

 

続きを読む

男が恋愛を拗らせるとどうなってしまうのか?

f:id:Re_hirose:20190502022255p:plain



男は付き合わなくても性行為ができるということを知ってしまうと、女性と付き合うことに抵抗を覚える。

なぜなら、付き合う=面倒くさい だからだ。

 

実際ナンパやらツイッターでのオフパコやら、マッチングアプリやらで手広く女の子を拾えるようになってしまった今、付き合うことの無意味さというか、付き合ってなんか良いことがあんの?という状態になった。

 

女の子によっては、逐一何かをLINEで報告しなければ付き合っている感じがしないだの言う子もいたり、休みの日は必ず一緒にいないといけないという感じだったり、付き合うと色々と面倒なことに巻き込まれてしまう。

 

 

大学生くらいまでのぼくは、性行為を継続して得るためには付き合わないといけないと思っていたし、そのために相手を選ぶ余裕もなかった。

 

別に当時はそれで満足していたが、付き合って2年経つ直前に「この子と付き合っていたら、この子以上と付き合えない」ということをふと思ってしまい、その瞬間に冷めてしまった。

 

あれから5年以上が経過したが、良くも悪くも女性と付き合わなくても性行為が満足にできるようになったし、その状態を継続できているわけなんだが、これを「拗らせている」状態なんじゃないかな?と思う。

 

 

というのも、「付き合う」ことに対するハードルが上がりすぎてしまって、ほとんどの人が長期的な関係から離脱していく。離脱していくというよりは、離脱していかざるを得ない。

 

昔だったら、「多少の嫌な所にも目を瞑って付き合う」という選択をしていた。

なぜなら、彼女と別れる=性行為から遠ざかることを意味し、すぐに他に彼女を作ることが難しかったからだ。

 

となると、関係性を維持するために色々と頑張る。

 

喧嘩になればどうやったら仲直りができるかを真剣に考えたり、そもそも喧嘩が起きないように、毎月付き合った「日」に直筆の手紙を書いたり、誕生日プレゼントに高価なブランド品をあげたり…

 

こういった労力としか言いようのないことを行い続けることで、女性との関係性を維持していた。

 

 

続きを読む

転職エージェントを使うなら、中小企業じゃなくて大手企業の転職エージェントが良いと思った話

f:id:Re_hirose:20190428175422p:plain

ぼくは今ちょうど人生で2回目の転職活動をしています。

 

そんな中、やれることは最大限やってやろうと、中小企業や大手企業問わず色々なエージェントの人から求人を紹介してもらっています。

 

しかし、その過程で中小企業のエージェントたちは、「これから求人を送ります。」や「ゆっくりキャリアを考えていきましょう!」と言いつつ連絡を止める人たちが多いことが分かりました。

 

具体的に、社名を上げていきましょうか。

 

 

 

続きを読む

サラリーマンの会社に対するワガママはどの程度まで許容されるべきなのか。

f:id:Re_hirose:20190425212630p:plain

 

 

社会人5年目にして、2回目の転職活動を本格的に始めたmiumiu広瀬です。

 

今私が勤めている会社には色々お世話になった自覚はありますし、現在もなおお世話になっていると思っています。

 

とはいえ、お世話になったことと、自分の思い描くキャリアを実現することとは全く別の話です。お世話になったとはいえ、会社に利益をもたらしているからこそ今日まで働いてこられたわけですし、そこはお互いがお互いのために、二人三脚で走ってきただけだと思っています。

 

しかし、今年の年俸を通知されて、「思った以上に金額が上がらねーなー。ダメだこりゃ。」と思いました。具体的な金額を明かすことはしませんが、これくらいの金額だったら、毎月ブログやらアフィリエイトで稼いでる金額より全然低いじゃん…と思ってしまったのです。

 

もうこうなると、本業に対する熱というか、頑張ろうという気持ちというか、そういうポジティブな気持ちの類というのが一切合切消えていくのが分かりました。

 

もちろん、自分をパーフェクトな人間だと思っているわけではないですが、それでも今年の年俸通知は、2年弱働いた自分を落胆させるだけの力を持っていました。

 

 

 

  • 「無念」であることが、そのまま生の証
  •  「何か願いを持つこと」そして、「今ある現実と迎合すること」
  • 努力したら必ず報われるわけではないけど、努力をしない限りは絶対に報われない
  • サラリーマンの会社に対するワガママはどの程度まで許容されるべきなのか。

 

続きを読む

外資系企業に転職したいので、JACリクルートメントに登録してみた

f:id:Re_hirose:20190422232352p:plain

社会人5年目にして、2回目の転職活動をしています。

 

というのも、働いていて悩みは尽きません。

 

  • 今より給料がほしい
  • もっと裁量をもって働ける会社に転職したい
  • 業種・職種を変えて新しくチャレンジしたい
  • 今の会社がブラックすぎて早く辞めたい

 

など、働く人にとって悩みがあることは当たり前であり、むしろ何の疑問も抱かずに会社に勤め続けることこそがぼくにとっては理解できません。

 

さて、今回はJACリクルートメントに登録して、外資系企業に転職しようぜというお話です。

 

 

  • 外資系企業への転職を勧める理由
    • 日系企業より給与待遇が良い
    • 転勤の恐れがない
  • 実際にJACリクルートメントに登録してみた
  • 転職のごり押しがない
  • JACから実際に送られてくる求人は?

 

続きを読む

「付き合ってないのに家に来る女の子って、軽いと思わないんですか?私があなたの家に泊まるとしたら、他の男の人の家にも泊まっていると思わないんですか?少なくとも私は他の女の子も家に泊めてるんだなって思っちゃいます。」

f:id:Re_hirose:20190422211850p:plain

最近女の子から言われたとある言葉が、妙に胸に刺さっている。

 

 

「付き合ってないのに家に来る女の子って、軽いと思わないんですか?」

 

「私があなたの家に泊まるとしたら、他の男の人の家にも泊まっていると思わないんですか?」

 

「少なくとも私は他の女の子も家に泊めてるんだなって思っちゃいます。」

 

 

この言葉を躱そうとすれば、いくらでも躱せるのだけど、きちんと受け止めてあげなきゃいけないな、と思った。

※この後めちゃくちゃセ〇クスした

 

 

  • 女の子は「軽い女だと思われたくない!」と思っている
  • 女の子の「付き合わないとエッチしない!」という言葉を真に受けてはいけない。
  • 好きな相手とエッチするのではなく、エッチした相手を好きになるという話
  • 番外編:巨根は女の子からの食いつきが凄い

 

続きを読む

AAAのリーダー浦田直也容疑者から学ぶ、ナンパにおける適切な自己開示

 

 

 

 

自分の勤め先や自分の所属している団体の名前を活用してナンパを試みる輩が定期的に現れます。

このやり方でナンパが成功すればいいのですが、女性からボロッカスに言われて失敗するのがオチです。

 

あくまでもこの記事では「疑い」というレベルで、本人も「覚えていません」と否認をしていますが、浦田直也容疑者が、

 

女性に「俺はAAAのメンバー、知らないの?」などと声を掛け「知らない」と答えると、暴行をした疑い。

 

があるという前提で話を進めていきます。

 

  • 勤め先や所属している団体の話は、女性が自分に興味を持ってくれてから
  • ナンパでいきなり勤め先や所属している団体の話はをしてはいけない理由
    • ①何かあってもなくても、信頼関係の構築されていない相手に対して身バレしてしまう
    • ②ここぞ!というタイミングで使える切札がなくなる
    • ③会社名や所属団体名で引っかけられる、「どうしようもない女」しか引っかけられなくなる
  • まとめ
  • P.S.

 

続きを読む