いつまで田舎にいるの?

地方に転勤して1年で転職して東京に戻ってきた社会人3年目のブログ

地方転勤のメリットについて死ぬ気で3つ考えてみた。

f:id:Re_hirose:20180203145414j:plain


 

 

地方大嫌いの広瀬です。

 

今回は、地方転勤のメリットについて死ぬ気で考えてみました。

なぜならぼくは地方転勤が嫌で日系の大企業をやめたからです。

 

死ぬ気にならねえと地方転勤のメリットなんて考えらんねえよ…。

 

 

メリット①タワーマンションの最上階に住んで、現地住民にドヤれる。

そう、何を隠そうぼくは地方転勤のときに社会人2年目にしてタワーマンションの最上階に住んでいたのである。

 

ただのタワーマンションじゃねえ。

 

タワーマンションの最上階だ。

 

最上階からの夜景を見てほしい。

 

f:id:Re_hirose:20180203145414j:plain

 

昼間もこんな感じで超キレイだ。

f:id:Re_hirose:20180203145352j:plain

 

ちなみに下を見下ろすとこんな感じ。

 

f:id:Re_hirose:20180203145234j:plain

 

そう、こんなに景色がキレイなタワーマンションに、社会人2年目で住めるほどに家賃が安いのである。

 

東京で同じクオリティのマンションに住もうと思ったら、一体どれだけお金がかかることやら。

 

多分、ぼくの毎月の給料ではその家賃すらまかなえないと思う。

 

でも地方なら、これが実現できる。

地方都市の景色が自分のものになる。

 

しかも、

 

最上階が だ!!

 

最上階より下に住んでいる人は、最上階の引き立て役でしかない。

タワーマンションとはそういう建物である。

 

この建物に社会人2年目で住めるなんて、地方転勤も悪くないのではなかろうか?

 

ちなみに、これが部屋のドア(入り口)

f:id:Re_hirose:20180203145142j:plain

 

部屋の横にある像と絵画(なんのかは不明)

f:id:Re_hirose:20180203145006j:plain

 

エレベーター横にある絵

f:id:Re_hirose:20180203144923j:plain

 

エントランス

f:id:Re_hirose:20180203143537j:plain

 

エントランス上

f:id:Re_hirose:20180203143649j:plain

 

エントランス②

f:id:Re_hirose:20180203143605j:plain

 

エントランス③

f:id:Re_hirose:20180203143716j:plain

 

エレベーターホール

f:id:Re_hirose:20180203143837j:plain

 

一つだけ言わせてもらっていい?

 

めっちゃ女の子連れ込むの楽だった。

 

地方転勤、いいね!!

 

 

メリット②人間関係を0からスタートできる

このブログを読んでいるそこのあなた。

 

人間関係に疲れていませんか?

 

職場に嫌いな人がいたり、都内にいると大学時代の友達に遊びに誘われたりで、

 

うんざりした毎日を過ごしていませんか?

 

でも地方転勤なら大丈夫!!

 

 

人間関係を0からスタートできるんです!

 

ぼくが地方転勤になったときもそうでした。

生まれ故郷でもなく、一回も足を運んだこともない地方に転勤になったぼく。

 

当然、誰一人知り合いはいませんでした。

 

でも、逆に考えてください。

 

今までわずらわしかった人間関係を断ち切って、0からスタートできるのです。

 

これが東京だったらどうでしょう。

 

休みの日は分けもなく渋谷で飲み、

 

HUBで日本代表を応援した後に、

 

交差点で見知らぬ人とハイタッチ。

 

こんな人生があなたを待ち受けていたでしょう。

 

また、大して仲良くもない会社の同期とディズニーに行くクソイベントが発生していたかもしれません。

 

やったね!地方転勤!!おめでとう!!!バンザーーーーイ!!!!!!

続きを読む

小金持ちになりたいので、社会人4年目がWealthNaviを始めてみた。

f:id:Re_hirose:20180623173100j:plain

 

今回はWealthNaviというサービスの紹介記事です。

実際に始めてみたので、始め方や経緯などを紹介します。

 

WealthNaviを始めようと思ったワケ

①お金を増やしたいから

 

これはツイッター上で出回っている画像だが、ほんとうにその通りだと思う。

でも、普通に生きているだけでは5000兆円はおろか、1兆円も手に入らない。

 

だけどお金に苦労して生きるのはイヤだし、

意味もなく貯金をして何もしないのもイヤだ。

 

かといって、株やFXを始める勇気はない。

そもそも、始めるにあたって色んなことを勉強しなければいけない。

 

この漫画をよんで、「株って難しいんだな…辞めよ」と思った。

 

orekabu.jp

 

真面目な話をすると、意思決定のプロセスが面倒なんですよね。

株で儲けようとする場合、どの株が値段が上がるのかというのを血眼になって真剣に探して買う必要があります。

 

そして、ぼくは株は初心者なので、初心者だとどういう状況になるか分かります?

 

上級者にカモられるんですよ。

 

これは何も株に限った話じゃないですが、上級者にカモられるというのは人生においてよくあるパターンですよね。

 

例えば大学生のとき、「初心者大歓迎!」というフットサルサークルに入ったら、

 

まわり歴戦の猛者やんけ

 

という事態に陥った経験はありませんか?

 

ぼくはサッカー経験はありましたが、適度にフットサルがしたく、

ガチ感は求めてなかったんですよ。

 

大学生にありがちなウェイ感を楽しみたい!という気持ちであふれていました。

 

ところが、全国大会に出た!とか、県大会で優勝したぜ!!

 

という声がチラホラじゃないレベルで聞こえてきました。

 

嘘っ…私のサッカー、下手すぎ…?

 

 

これだけ実力差があると、もれなくカモになります。

 

カモになるとは、

 

フットサルの試合中で圧倒的な実力差を見せ付けられる=モテない

 

ということです。

用は、自分よりフットサルが上手な人の引き立て役になってしまうんですよね。

 

これはなにもフットサル界だけの話だけではなく、

株の世界でも全く同じことが言えると思います。

 

そう考えたときに、

 

株の経験差を埋める努力を自分はできるか・したいと思うか

 

と自分に問いかけました。

 

答えはNoです。

 

面倒くさいし、何やったらいいかよくわかんないし、まあいいや。

と思ってしまったんですね。

 

でもこのWealthNaviだったら、経験差なんて関係がないんですよ。

 

 

②投資の経験差が関係ないから

WealthNaviは投資先をAIが勝手に決めて、勝手に購入してくれるシステムです。

しかも、人によってAIが変わるというわけでもないので、投資経験は不要です。

 

唯一必要なのは投資を始めるためのお金くらいじゃないですかね。

 

なので、今から投資を始めたい自分にはもってこいなのかなと。

 

スポーツでもビジネスでも経験がある人から経験がない人から搾取するのが常です。

情弱ビジネスと呼ばれるマルチ商法やネットワークビジネスなんかもまさにこれです。

 

とりあえず、10万円あれば始められるので、サクッと始めました。

 

余談

THEOというサービスもあるのですが、以前下記ブログを見つけてちょっとひよってしまったんですよね…。

 

ウェルスナビとテオに1年間投資をした実績 | 利益と損失あり | IPO初値予想ブログなら、キムさんのIPO投資日記

 

どちらも使ってみたいと思うので、余裕ができたらTHEOも使ってみます。

 

続きを読む

今朝の便意~次世代のう○こを漏らさないライフスタイル~

f:id:Re_hirose:20180622084055j:plain

その日 人類は思い出した

便意に支配されていた恐怖を

鳥篭(電車)の中でクソを漏らした屈辱を

 

昨日、実は暴飲暴食(のんでない)をしてしまいました。

エノキとキノコの煮物+鶏肉ポン酢合え。

 

ここで済めばよかったのですが、チートデイだ!ということで、

セブンイレブンでコロッケと春巻きとおにぎりとカップヌードルを買って食べてしまったんですよ。

 

すると、朝まず起きたら便意が。

 

あー、食べ過ぎるとすぐ便意に襲われるんだよねと。

過去の経験を振り返りました。

 

ぼくは太りにくい体質なのですが、

それは恐らく食べたものが吸収されずにケツから出て行くからだと思っています。

 

そして、一度ケツから出し切ったにもかかわらず、再び軽い便意に襲われたのです。

 

まぁ、二度目だし、いいや。

会社行ってからクソすれば余裕で間に合うな、と。

 

この考えが非常に甘かったと猛省しております。

 

 

~次世代のう○こを漏らさないライフスタイル~

ポイント①食べ過ぎない

 

ポイント②暖かい格好をして、お腹を冷やさない

お前はこのクソ暑くなり始める6月になにを言っているんだと思うかもしれませんが、

 

電車でキンキンに冷えてやがる冷房を浴びせられたとき、漏れそうになりました。

 

しかもこういう日に限って、ビジネスカジュアルでシャツをズボンから出していたので、

冷房がお腹にダイレクトアタックですよ。

 

「あっやばい冷房きてる」

 

そして、更に追い討ちをかけるのが、空いている時間の乗車だったということ。

 

ぼくは死(う○こを漏らすこと)を覚悟しました。

家から会社までは電車で5駅、時間にすると10分ほどの乗車時間なのですが、

 

先日の日本VSコロンビアの試合の後半5分のアディショナルタイムの2倍の体感がありましたね。

5分なんだから早く追われよ!日本勝ってるから早く終わって!!頼む!!!

 

みたいな。

 

日本代表は日本中から応援されているからいいと思いますが、

電車に乗っているサラリーマンなんて、応援してくれるのは自分くらいです。

 

ましてやうん○を我慢するサラリーマンなんて、誰が応援するだろうか。

いや、誰も応援しない。(反語)

 

わけです。

 

というわけで、なるべく暖かい格好をして、体を温めてお腹を冷やすのを防ぎましょう。

 

体が冷えると体内にある水分を出して体温を上げようとするので、急な腹痛に襲われるらしいです。

 

う○こして体温が上がるならちょっとしたライフハックですね。

冷え性な女性OL必見!毎朝う○ちして健康な体をつくろう!!みたいな記事がネットで散見される時代がそろそろ到来するかもしれません。

 

 

ポイント③無になる

無になりましょう。何も考えてはいけません。

余計なことを考えると、漏れます。

 

最近読んでいる本、1440分の使い方のなかに、こんな一節がありました。

 

 先延ばしグセがある人が先延ばしにしないためには、次の二つを徹底的に考えるといい。

①先延ばしにしなかったときのメリット

②先延ばしにしたときのデメリット

 

 これだ!

 

と。

 

いま正に、ぼくは○んこを先延ばしにしようとしている。

大腸さん、小腸さん、肛門さん、ごめんなさい。

みなさんが連携してぼくに便意という愛をこめたメッセージを送ってくれてるのに、

それを無視して電車に乗ってしまって申し訳ない。

 

そこでぼくはまず、う○こを先延ばしにしなかったときのメリットを考えた。

 

う○こを先延ばしにしなかったときのメリット
  • ズボン・パンツに汚れがつかない
  • ズボン・パンツを買い換える必要がない
  • 人間としての尊厳を失わずに済む
  • 人に迷惑をかけない
  • 自分にう○こマンというレッテルを貼らずに済む
  • 普通に出社できる

こんなもんだろう。

 

続いて、うん○を先延ばしにしたときのデメリットを考えた。

 

う○こを先延ばしにしたときのデメリット
  • 漏らす
  • 電車の中に異臭が放たれる
  • 会社の人がいたらめちゃくちゃ気まずくなる
  • パンツ・ズボンが汚れる
  • パンツ・ズボンを買い換える必要がある
  • 漏らしたショックで入院するかもしれない
  • う○こがトラウマになる

 

結論、さっさとう○こしないとヤバイ!!!

 

というのが分かってさらに便意に拍車がかかりました。

いうなれば、箱根駅伝の復路のラストスパートですよ。

 

f:id:Re_hirose:20180622084158j:plain

 

目の前の選手を抜けば、順位が1位上がる。

順位が1位上がると、シード権がもらえる。

シード権をもらえると、来年も確実に箱根駅伝に出られる。

 

俺が…俺が頑張らないと順位が上がらない!!

 

みたいな感覚です。

駅伝したことないけど。

 

そしたら下半身がブルブル震え始めて、「漏れそう」になりました。

 

なので、余計なことを考えるのはやめましょう。

 

ポイント④右手に入館証を、左手にSuicaを。

 

f:id:Re_hirose:20180622084302j:plain

 

さっさと改札を出て、う○こし慣れているオフィスで落ち着いてしましょう。

 

 

エノキが原形をとどめたまま、出てきました。

 

 

続きを読む

商品企画担当サラリーマンの憂鬱

f:id:Re_hirose:20180621205600j:plain

 仕事の話を書くのは、下記記事に続いて2回目です。

 今回は仕事の嫌な点にフォーカスしました。

 

www.no-more-inaka.com

 

今回は、商品企画担当サラリーマンの憂鬱というタイトルで、

文字通りうわ!クソだな!! と思うところをつらつらと書いていきます。

 

ぼく自身、今の仕事は凄く好きで、楽しくやれていますが、

”サラリーマン”である以上、”商品企画職”でできることに限界があるなというのが正直な感想です。

 

 

仕事はあくまでも”売れるような商品をつくること”

現実的な話をすると、商品企画という仕事は「こういう商品は売れる!」→「商品つくってくれ」という仕事ではなく、

 

技術者が開発した商品をもとに、売れるようにコンセプトを再構築する

 

ことがメインのお仕事です。

 

なので、自転車を例に上げて話すと…

 

技術者がポン と新しい商品候補を送ってきます。

 

「鍵二つついてる自転車、イケてね~~~~!?www」

 

 

と。

 

これを悪戦苦闘しながら、

 

「これは…単純に鍵が二つついてるわけじゃなくて、防犯上優れている自転車です。盗難の多い地域ではもってこいの商品だと思います。」

 

という風に技術者のなんとなくを消費者に伝えるのが仕事です。

 

とまぁ、鍵が二つついてる自転車みたいなマジで突飛な製品はなかなか出てこないですが、売れるように、売りやすいように整えるのが仕事ですね。

 

なので、売れるように整えたら営業やマーケティングにパスをするのです。

 

続きを読む